大和版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

國峰啄磨選手 全日本で準V飾る 17歳レーサー 世界へ1歩

スポーツ

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena
表彰台に登る國峰選手(写真左)
表彰台に登る國峰選手(写真左)

 代官在住で綾瀬市の企業「7C(セブンシー)」(深谷上/坂井信人代表)のバイクロードレースチーム「Team(チーム)P.MU(ピーエムユー)7C(セブンシー)HARC(ハルク)」に所属するMoto3レーサー國峰啄磨選手(17)が、4月25日と26日に大分県のオートポリスで開催された全日本ロードレース選手権第2戦で2位の成績を収めた。チームの開幕戦で世界に繋がる結果を残し、栃木県の茂木で行われる次のレースに臨む。

 7Cの2015年シーズン開幕戦だった同選手権。全日本とアジア若手ライダーの登竜門「アジアタレントカップ」の2つを柱に、二輪の世界最高峰レース「Moto GP」参戦を狙う國峰選手にとって外せない一戦だった。

 坂井代表は「本人の調子は良かった」と、レース当日を振り返る。25日の予選をコースレコード56・7秒に迫る57・1秒で2位通過し、翌日の決勝も世界に繋がる2位という結果で表彰台に上った。

 しかし、「結果は悪くなかったが、コースレコード更新と決勝1位という目標には届かなかった」と國峰選手は話す。選手のコンディションは良く走りのレベルも高かったが、力を100%引き出せるまでマシンのセッティングを詰められなかったこと、調子が良かったゆえにチームにゆるみが出てしまったことが原因だったという。

 「逆の見方をすれば、今回は優勝できなくて良かった」と、坂井代表は分析する。早い段階でチームを引き締め直し、反省を今後のレースに反映できるためだ。

 國峰選手が出場するレースは残り5戦。次回は5月30日と31日に栃木県の「ツインリンクもてぎ」で行われるレースに出場する。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

県都市緑化功労者を受賞

千本桜桜を守る会

県都市緑化功労者を受賞 社会

コロナ影響、表彰式は中止

9月24日号

SOMPOひまわり生命とタッグ

大和シルフィード

SOMPOひまわり生命とタッグ スポーツ

「健康」メインにパートナー契約

9月24日号

100歳以上は95人

もうすぐ敬老の日

100歳以上は95人 社会

市内最高齢は109歳の女性

9月17日号

在宅救急隊を始動

大和市消防本部

在宅救急隊を始動 社会

救急搬送待ちを回避

9月17日号

商議所で職域接種

新型コロナワクチン

商議所で職域接種 社会

3000人分を確保

9月10日号

西堀さん(光丘中1年)が日本一

西堀さん(光丘中1年)が日本一 教育

全日本Jrクラシック・ピアノ部門

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook