大和版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

相模川 天然の鮎、楽しんで 「試し釣り」手応えも上々

社会

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena
試し釣りであがった天然アユ
試し釣りであがった天然アユ

 鮎釣りの解禁日となる6月1日を前に、相模川・小鮎川・中津川の三川合流点から小田急線鉄橋周辺で5月26日、相模川漁業協同組合連合会(木藤照雄会長・【電話】046・210・3033)による「試し釣り」が行われた。特に今年は漁協関係者の努力などもあり”天然モノ”と呼ばれる良型の鮎が大量に遡上。地元の太公望たちも、いよいよ3日後に迫った解禁を待ちわびている。

1時間で50匹

 この取り組みは、鮎釣り解禁の6月1日(月)を前に、毎年行われているもの。鮎の状態を確かめることが目的で、同漁協連関係者5人が、釣り針を川底にはわせる「ころがし」と呼ばれる手法で試し釣りを行い、1時間ほどで約50尾の釣果があった。

「色・形・香り良し」

 この日上がった鮎は、大きいもので15cm以上。天然ものの証である、エラ近くの黄色い模様や赤く色づいたアブラヒレなどがきれいに確認できたという。

 同漁協連によると、今年の鮎の遡上量は約1100万尾と、ここ15年で3番目の多さ。遡上が多く、4月まで気温が低かったため小ぶりだが、気温上昇でこれからの成長が見込まれる。稚アユ放流は約220万尾で、シーズン中も放流が行われる。

 漁協関係者が環境整備に尽力するなど、地道な努力が結実した現状に対して、木藤会長は「本物の”自然のアユ”を楽しんでもらうことを目指してきた。味も楽しめるのは間違いない。今年は良いアユだね」と笑顔がこぼれていた。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

毎朝、登校見守り30年

毎朝、登校見守り30年 社会

薩駿建設工業株式会社 竹下連幸さん(80)

9月17日号

若年性認知症の人が集う

わすれな草の会

若年性認知症の人が集う 社会

9月17日号

一般質問に菅原県議

県議会

一般質問に菅原県議 政治

9月17日号

目指す交通事故死「ゼロ」

9月21日から「秋の全国交通安全運動」

目指す交通事故死「ゼロ」 社会

9月17日号

見かける赤い箱の正体は?

見かける赤い箱の正体は? 社会

市民に必須の防災アイテム

9月17日号

白花曼珠沙華を愛でる

彼岸入りは20日から

白花曼珠沙華を愛でる 文化

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook