大和版 掲載号:2015年9月18日号 エリアトップへ

RUN伴(トモ)2015 走って認知症をPR 21日に100人が市内縦断

社会

掲載号:2015年9月18日号

  • LINE
  • hatena
前列野間さん(右)と下田さん(左)
前列野間さん(右)と下田さん(左)

 認知症になっても安心して暮らせる地域づくりを目指し、日本国内を認知症の人が仲間とともに1本のたすきをつなぐ「RUN伴2015」。9月21日(祝)には大和市から約100人のランナーが参加し、市内を縦断する。

 NPO法人認知症フレンドシップクラブが企画主催し2011年にスタートした「RUN TOMO―ROOW」(略称RUN伴)は、ボランティアで運営されているランニングイベント。

 年を追うごとに「我が町でも行いたい」とルートが拡がり、2014年には北海道から広島まで約2500Kmもの距離をつないだ。

 大和市内でも3年前に初めて開催されて以来、年々参加者が増え、今回、認知症の人やその家族、支援者ら100人が参加する一大イベントに成長した。

 また今年は、町田から御殿場エリアのリーダーを市内高齢者施設「ゆらり大和」の野間康彰施設長(42)が担当する。野間さんは「認知症は他人事ではなく身近なテーマ。関心をもってもらうきっかけになれば」と話している。

視覚障がいを持つ人も参加

 今回、大和エリアとしては初めて、視覚障がいを持ったランナーも参加する。中央に住む下田智さん(60)は、マラソンの伴走ボランティアを探していたところ、「RUN伴」の存在を知り、参加を決めた。

 下田さんを支援する有志のランナーが野間さんを中心に集まり、今年5月から大和スポーツセンターを会場に練習を開始。下田さんは「みなさんが一緒に走ってくれる事に感謝します。イベントを楽しみたい」と話している。

 参加者は認知症応援カラーであるオレンジのTシャツを着用し、中央林間駅を午後3時に出発し、大和駅、桜ヶ丘中央病院を通過する。大和市を縦断し、藤沢市にたすきをつなぐ。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

全国大会で上位占める

桜ヶ丘ジュニアアカデミー

全国大会で上位占める スポーツ

所属2選手がV・準V

8月19日号

玄関前をバリアフリー化

下福田北部自治会館

玄関前をバリアフリー化 社会

加入促進へ「満足度向上を」

8月19日号

「遺贈寄付」の意思を後押し

大和市

「遺贈寄付」の意思を後押し 社会

県司法書士会と協定締結

8月12日号

下鶴間に大規模工場

成城石井

下鶴間に大規模工場 経済

300人雇用 地元還元企画も

8月12日号

6年ぶり県制し、関東へ

つきみ野中女子ソフト

6年ぶり県制し、関東へ スポーツ

全国めざし8日に初戦

8月5日号

お笑いで防犯啓発

大和警察署

お笑いで防犯啓発 コミュニティ社会

芸人が被害者ゼロへ一役

8月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook