大和版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

写団さくら会の会長として、桜丘学習センターで11月に50回目となる写真展を行う 小西 邦夫さん 福田在住 72歳

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena

受継ぐ伝統、仲間と未来へ

 ○…アマチュア写真家サークルとして25年前の結成以来、年2回必ず続けてきた写真展。今年11月の開催が節目の50回目となる。「規約や運営方法など、諸先輩方が最初にしっかりサークルの基礎を作ってくださった。それに沿ってやってきたからこそ、50回目を迎えられました」。会員23人。高齢化やメンバー不足など、多くのサークルが活動継続に苦心するなか、「一定数以上の会員がいて、全員がしっかり活動や作品を出品しないと、サークル活動や写真展は続けられない。仲間をはじめ、多くの方の協力に感謝です」

 ○…25年ほど前から趣味で風景写真を撮っていたが、さくら会に加入したのは17年前。地元でサークルの写真展を見たのがきっかけだった。当時、数多ある写真サークルの中で、さくら会を選んだ理由を「作品数も多く、写真展の雰囲気もよかった。なにより、『ああ、このサークルはいいなあ』という感覚がありましたね」と、振り返る。その5年後には会長となり12年間、伝統を受け継ぎ、会の運営に心を砕いてきた。

 ○…出身は愛知県の知多半島。小中学校では児童会長や生徒会長を務めるなど、文武両道だった。父親の転勤で、高校からは千葉県へ。進学した東京の大学では、ワンダーフォーゲル部に所属。休みのたびに、登山や山歩きのため、南アルプスや奥秩父、北海道、九州などに足を運んだ。就職したのは本社が横浜、厚木に工場を持つメーカー。どちらにも通勤しやすい場所を探す中で35年ほど前、現在の福田に居を構えた。

 ○…現在は妻、長女との3人暮らし。高校野球県予選の観戦や、ひいきの中日ドラゴンズを応援すべく、大和スタジアムや横浜スタジアム、神宮球場などに足を運ぶ。3人の孫の話題になると、目じりが下がっておじいちゃんの表情に。座右の銘「継続は力なり」。その言葉を胸に、30年、35年をめざし、メンバーと共に未来へと歩みを進める。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版の人物風土記最新6

三森 正道さん

大和市リサイクル事業協同組合の新理事長に務める

三森 正道さん

柳橋在勤 69歳

8月5日号

加藤 大聖(たいしょう)さん

8月にシリウスでサロンコンサートを開く大和市音楽家協会の会長を務める

加藤 大聖(たいしょう)さん

バリトン歌手 34歳

7月29日号

長澤 伸夫さん

相鉄線大和駅・瀬谷駅・三ツ境駅の駅長を務める

長澤 伸夫さん

横浜市在住 48歳

7月22日号

露木 美智雄さん

大和市夏野菜持寄品評会で枝豆が最優秀にあたる「優等」を獲得した

露木 美智雄さん

上和田在住 61歳

7月15日号

小西 民子さん

民生委員・児童委員として令和4年度県民功労者の表彰を受けた

小西 民子さん

福田在住 

7月8日号

阿比留 亜佐美さん

「ハートリボン」代表として若年性乳がん経験者に向けたイベントを企画、情報を発信する

阿比留 亜佐美さん

草柳在住 33歳

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook