大和版 掲載号:2015年10月16日号 エリアトップへ

合計特殊出生率 大和市、県内市1位に 支援策充実が影響か

社会

掲載号:2015年10月16日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県がこのほど発表した最新の統計で、大和市の合計特殊出生率が県内19市中1位となったことが分かった。市では妊娠、出産、子育てなどに関する施策を多数行っており、それらが結果に影響したとみられる。

 県がこのほど発表したのは、県衛生統計年報。毎年公表されており、県内の人口や平均余命のほか、出生や死亡といった人口動態調査、医療施設調査などの結果がまとめられている。

 最近版では2013年までのデータが掲載されており、その中の合計特殊出生率の項目で、大和市は1・41と、県内19市の中で1位となった。なお、全市町村での比較では、開成町に続く2位。大和市は09年にも県内19市で1位となっているが、このときは全市町村比較で4位だった。

 今回の結果について市では、不妊治療費や妊婦健康検査費、第3子以降の出産費などの助成、保育コンシェルジュによる相談対応、中学卒業までの小児医療費助成など、「妊娠や出産、子育て支援で様々な施策を打ち出している。それらが複合的になり、一定の効果をあげているのでは」と説明。また、コミュニティバス路線の充実などについても触れ「市全体の住みやすさ向上も関係しているかもしれない」としている。

ひとり親家庭に新支援

 その中で市は、10月1日から、ひとり親家庭の親を対象とした新たな支援制度を開始した。

 新制度は、ひとり親家庭の親が高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格試験)の合格をめざして講座を受ける際、その受講費を助成するというもの。これにより、母子・父子家庭の親がよりよい条件で就職や転職ができるようになることをめざす。

 国では今年4月1日から同様の制度を始めているが、その場合の試験合格時支給額は国と自治体合計で受講費の6割(上限15万円)。大和市では通常の自治体負担分のほか、独自に補助額の上乗せを実施し、合格時には受講費全額(上限50万円)を支給する。

 制度を利用するには、ひとり親を対象とした児童扶養手当の支給を受けている(市内では約1700世帯)などの条件が必要となる。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

足跡辿り、交流に思い馳せ

足跡辿り、交流に思い馳せ 社会

大和日中友好協会が30周年

12月3日号

常泉寺に感謝状

神奈川県警

常泉寺に感謝状 社会

犯罪被害者支援に対して

12月3日号

最優秀拡大褒賞を初受賞

大和青年会議所

最優秀拡大褒賞を初受賞 社会

会員数増員率が県内1位

12月3日号

政府対策に「迅速対応」

大和市

政府対策に「迅速対応」 経済

年内給付「想定して準備」

11月26日号

打ち上げ花火に初挑戦

緑野小PTA

打ち上げ花火に初挑戦 コミュニティ教育

児童に笑顔と思い出を

11月26日号

渋谷西ブロック始動

地域安全活動重点地区

渋谷西ブロック始動 コミュニティ社会

防犯・防火意識を地域で徹底

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook