大和版 掲載号:2015年10月30日号 エリアトップへ

夫婦で楽しむ藍の色 深見 相原さん

文化

掲載号:2015年10月30日号

  • LINE
  • hatena
作品を手にする相原さん夫妻
作品を手にする相原さん夫妻

 市内深見に藍染の作品作りを行っている夫婦がいる。相原國夫さん(70)と定子さん(70)夫妻による趣味の域を超えた藍染が町内で話題を呼んでいる。

 相原さん夫妻が藍染を始めたのは7年前。足柄上郡松田町に住む息子夫婦にすすめられ、寄(やどろき)で開催された体験会に参加したのがきっかけだったという。

 「染めて、広げた時のワクワク感がたまらない」と寄藍染の会に夫婦で入会。月1回足を運び、その技術を習得していった。「本格的な作品を作りたい」と翌年には、瀬谷区の畑で藍の栽培をはじめ、染料作りにも熱中するように。「真夏に葉を刈り取る作業はひと苦労。でも、自分で育てた藍だからこそ愛着がわきます」と定子さん。

 染める作品も、手ぬぐいをはじめ、ストール、エプロン、Tシャツとバラエティーに飛び、基本の絞りのほか、糸や板締めなどを応用した凝った模様もプロ顔負けの仕上がりだ。作品は南林間文化祭など市内のフリマにも出品している。「愛用してくれる方がいることが励みになる」と國夫さん。完成度が高い仕上がりに、遠方から新作を求めて訪れるファンも多いのだとか。

 相原さん夫妻は「藍染の世界は奥が深く、魅力は尽きない。なにより年をとってから夫婦一緒で取り組めることがあるのは本当に幸せ」と『あい』を語った。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

今年も大和が熱くなる

今年も大和が熱くなる 文化

7/27・28 神奈川大和阿波おどり

7月19日号

今年はマイうちわで

今年はマイうちわで 文化

シリウスで阿波おどり応援企画

7月19日号

花翠流の舞踊発表会

入場無料

花翠流の舞踊発表会 文化

21日 シリウスメインホール

7月19日号

阿波おどり振興協会副会長 栗城健

阿波おどり振興協会副会長 小幡秀造

阿波おどり振興協会会長 岸幸博

阿波おどり実行委員会実行委員長 長谷川雄一

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 3月22日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク