大和版 掲載号:2015年11月27日号 エリアトップへ

市民活動センター広報紙 「あの手この手」が第100号 取り組み発信し続け10年

社会

掲載号:2015年11月27日号

  • LINE
  • hatena
創刊号と100号を手にする石川会長
創刊号と100号を手にする石川会長

 大和市民活動センターの広報紙「あの手この手」が、11月10日発行の「2015 11月号」で第100号を迎えた。創刊から10年間、メンバーが編集した紙面で市民団体の活動などを取り上げPRし続けてきた。

 「あの手この手」は、大和市民活動センターを管理・運営する「拠点やまと」(石川美恵子会長)発行の広報紙。同センター開設の翌年2005年3月31日に創刊されて以来、季刊、月刊、隔月刊と発行ペースを変え、「あたたかい広報紙」を目指して発行を続けてきた。現在は月に1度の発行となっており、紙面は市内だけでなく、北海道から福岡県の市民活動関連施設にも配布されている。

 当初は、拠点やまとの前身「協働の拠点運営委員会」の広報部会メンバー6人で作成していた。当時こだわったのは、作成者全員でひとつのテーマについて書く「熱血編集後記」。一人ひとり異なる考え方がおもしろいと毎回好評だったという。

 今年の5月からは全面カラーに。石川会長は「こだわりの表紙の絵、あの手この手のマークがカラーになってよかった」と嬉しそうに話す。「市民活動が広がるのは地域にとってもよいこと。これからますます活発にしていきたい」。

 同センターは市の定めた条例に基づき、市民活動を推進・応援・共育するために2004年に開設された。現在はまちづくりや国際協力、学術・文化・芸術・スポーツなど約16分野272団体が登録しており、市民活動の拠点となっている。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

オンラインで代替企画

大和市民まつり

オンラインで代替企画 経済

6月26日から1カ月間

6月18日号

金言に触れ、思い馳せる

大和中

金言に触れ、思い馳せる 社会

ノーベル賞・故根岸英一さん

6月18日号

接種スピード加速

会場、医師確保で態勢強化

接種スピード加速 社会

6月11日号

支援ハンドブックを作成

こもりびと

支援ハンドブックを作成 社会

いちはやく相談窓口へ

6月11日号

動画で呼びかけ虫歯予防

大和綾瀬歯科医師会

動画で呼びかけ虫歯予防 社会

「親子で歯磨きに役立てて」

6月4日号

プレミアム商品券発行へ

プレミアム商品券発行へ 政治

秋頃めどに調整中

6月4日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter