大和版 掲載号:2015年11月27日号 エリアトップへ

市民活動センター広報紙 「あの手この手」が第100号 取り組み発信し続け10年

社会

掲載号:2015年11月27日号

  • LINE
  • hatena
創刊号と100号を手にする石川会長
創刊号と100号を手にする石川会長

 大和市民活動センターの広報紙「あの手この手」が、11月10日発行の「2015 11月号」で第100号を迎えた。創刊から10年間、メンバーが編集した紙面で市民団体の活動などを取り上げPRし続けてきた。

 「あの手この手」は、大和市民活動センターを管理・運営する「拠点やまと」(石川美恵子会長)発行の広報紙。同センター開設の翌年2005年3月31日に創刊されて以来、季刊、月刊、隔月刊と発行ペースを変え、「あたたかい広報紙」を目指して発行を続けてきた。現在は月に1度の発行となっており、紙面は市内だけでなく、北海道から福岡県の市民活動関連施設にも配布されている。

 当初は、拠点やまとの前身「協働の拠点運営委員会」の広報部会メンバー6人で作成していた。当時こだわったのは、作成者全員でひとつのテーマについて書く「熱血編集後記」。一人ひとり異なる考え方がおもしろいと毎回好評だったという。

 今年の5月からは全面カラーに。石川会長は「こだわりの表紙の絵、あの手この手のマークがカラーになってよかった」と嬉しそうに話す。「市民活動が広がるのは地域にとってもよいこと。これからますます活発にしていきたい」。

 同センターは市の定めた条例に基づき、市民活動を推進・応援・共育するために2004年に開設された。現在はまちづくりや国際協力、学術・文化・芸術・スポーツなど約16分野272団体が登録しており、市民活動の拠点となっている。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

プロリーグ参入ならず

大和シルフィード

プロリーグ参入ならず スポーツ

来年9月開幕

10月23日号

オンラインCで金賞

セシリア中高ギタマン

オンラインCで金賞 文化

全国18校中2位に

10月23日号

食べて応援、世界の料理

食べて応援、世界の料理 経済

16日からスタンプラリー

10月16日号

ツイッターを開設

大和警察署

ツイッターを開設 社会

直接、情報発信が可能に

10月16日号

川柳でコロナ予防をPR

大和JC

川柳でコロナ予防をPR 社会

10月30日まで募集

10月9日号

緑野ホーネッツが初優勝

ミニバス大和市・座間市大会

緑野ホーネッツが初優勝 スポーツ

コロナ禍の自主練、実を結ぶ

10月9日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク