大和版 掲載号:2016年5月13日号 エリアトップへ

「祝い凧」に高校生も参加 宮久保地域の伝統行事

教育

掲載号:2016年5月13日号

  • LINE
  • hatena
校章を描いた凧などが南風に乗って上空へ
校章を描いた凧などが南風に乗って上空へ

 前年に誕生した男児の名前を書いた凧(たこ)を揚げ、健やかな成長を願う風習「祝い凧」。市内で唯一受け継がれている大和市上和田の宮久保地域で、今年も新たな凧が完成し、5月4日の「凧あげの集い」(鹿島建設(株)跡地)で披露された。

 今年の新凧披露には、大和南高校(内藤通昭校長、生徒数944人)の剣道部、書道部、生徒会本部役員の生徒や教員らも参加。「宮久保凧あげ同好会」(神谷榮一会長・15人)の指導の下で制作した、1m四方の3つの凧を揚げた。

 同好会のメンバーの合図で生徒が手を離すと、凧は風に乗り勢いよく上空に舞い上がった。この日は前線の影響で強風が吹き、凧が錐もみ状態で回転して落下しそうになる場面も。同好会のメンバーが凧糸を操る生徒たちに「糸を伸ばして」などと次々に声をかけ、手助けをした。南風に乗って約100mの上空に到達すると、観客から拍手がわいた。生徒らは「自分たちの凧が揚がって嬉しい」と笑顔をみせていた。

大和版のローカルニュース最新6

周囲の支えに応えたい

愛のある奉仕を

大和は第8分団が奮闘

大和は第8分団が奮闘 社会

4年ぶりに消防操法大会

8月12日号

中央林間に「新名所」

中央林間に「新名所」 文化

上村さん「地元を元気に」

8月12日号

多彩なステージ会場盛り上げる

多彩なステージ会場盛り上げる 文化

「夏まつり」盛況

8月12日号

大切なものを描いて

大切なものを描いて 教育

大和RCが作品募集

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook