大和版 掲載号:2016年8月12日号 エリアトップへ

大和市内5月〜7月 熱中症 昨年より減少 気象条件が要因か

社会

掲載号:2016年8月12日号

  • LINE
  • hatena

 大和市消防本部(荻野谷公一消防長)によると、大和市内で5月から7月に熱中症で搬送された人は昨年に比べ減っている。特に、今年7月の熱中症による搬送者は20人で、昨年同時期の46人を大きく下回った。

昨年より気温低下

 今年7月の熱中症搬送者数が昨年に比べ半減した要因について、市消防本部救急救命課は「平均気温が昨年に比べて低かったことが関係しているのではないか」と分析している。

 今年7月の平均気温は25・4度で、昨年の30・1度より5度近く低かった。気温が高くなると熱中症の搬送件数も増える傾向にあるため、搬送者の減少につながったとみられる。

広報活動も奏功

 熱中症の搬送者が減少していることについて、救急救命課は広報活動の成果も要因の一つに挙げている。

 市内では、FMラジオ放送やホームページを通じ啓発活動を行ってきたほか、全国的に熱中症を予防する知識が定着し、対策をとる家庭が増えているという。

高齢者は要注意

 熱中症患者は高齢者に多い。例えば、7月に搬送された20人のうち、65歳以上の高齢者は13人にもなる。市内では、屋外での樹木剪定や草刈り、野球観戦時に熱中症になっている。

 また、室内でも熱中症対策は必要だ。市内でも、クーラーをつけずに暑い部屋で過ごし、倒れたところを家族に発見されて搬送されたケースがあった。

 同課は、「屋外で活動するときには特に注意して」と話す。涼しい服装、日傘や帽子の使用、こまめに水分補給し、無理のない活動にとどめることが必要だ。

大和版のトップニュース最新6

51施設で開館時間短縮

大和市

51施設で開館時間短縮 経済

緊急事態宣言受け、2月7日まで

1月15日号

成人式を延期に

大和市

成人式を延期に 社会

次の開催日は未定

1月8日号

返礼品に64品目

ふるさと納税

返礼品に64品目 経済

本日8日からサイト掲載

1月8日号

「健康」基軸、姿勢変わらず

「健康」基軸、姿勢変わらず 社会

大木哲市長、新春インタビュー

1月1日号

スケートパークが完成

スケートパークが完成 文化

5日(火)から供用開始

1月1日号

10人・2団体を表彰

交通安全功労者

10人・2団体を表彰 社会

大和署で感謝状を伝達

12月25日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク