大和版 掲載号:2017年1月1日号 エリアトップへ

シリウス 図書館に響く弦楽器の音 音に誘われ多くの人集う

文化

掲載号:2017年1月1日号

  • LINE
  • hatena
演奏に耳を傾ける観客
演奏に耳を傾ける観客

 大和市文化創造拠点シリウス内の市立図書館で12月17日、「音楽ふれあいマルシェ」が開催され、図書館内でミニコンサートが行われた。

 これは、複数の公共施設が入っている「文化創造の拠点」ならではのイベントとして企画されたもの。バイオリン奏者の北見春菜さん、ビオラ奏者の高橋梓さんが、3階の「こども図書館」と4階の「健康テラス」で生演奏を披露した。

 解放感のある健康テラスで行われたコンサートは、「身体に響く音楽のチカラ」がテーマ。耳だけでなく、身体全体で音楽を体感しリラックスしてもらおうと、チャイコフスキー「くるみ割り人形」、エルガー「愛の挨拶」、モーツァルトの二重奏曲など、心地よいメロディーの曲が演奏された。観客は、リズムに合わせて体を揺らしたり、手拍子をしたりする場面もあった。

 会場は、演奏者と観客席の距離がとても近く、演奏者の素早く無駄のない指の動きにも目がくぎ付け。曲の合間には、楽器の構造や弾き方について丁寧に説明が行われ、観客は頷きながら聞いていた。

 また、このコンサートは入退場自由で誰でも気軽に演奏を聴けたため、館内に響く音色に誘われ多くの人が立ち寄った。演奏を聴いた女性は「図書館の中でバイオリンを聴けるのは貴重。素敵な音色でリラックスできた」と話していた。

大和版のローカルニュース最新6

児童生徒28人が入賞

南林間

児童生徒28人が入賞 教育

ポスター・標語作品展

12月3日号

ウィーンホールで冬を感じる演奏会

中央林間駅前で春秋恒例の献血

中央林間駅前で春秋恒例の献血 社会

中央シティLC

12月3日号

難しいから面白い

難しいから面白い 社会

太極拳・重谷赳夫さん(95)

12月3日号

大和署前に冬の風物詩

新年も中止相次ぐ

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook