大和版 掲載号:2017年1月6日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

明快ナットク! 橋本弁護士に聞く法律事務所 vol.1「相続遺留分の権利行使期間」

 Q、一昨年12月に死亡した父の遺言書を今年になって兄が見せました。財産は全て兄に相続させると書かれていますが私は遺産を相続できないのでしょうか?

 A、民法では遺言による財産の自由処分に制限をかける「遺留分」の権利を認めています。具体的には、死亡した人の配偶者、子供が相続人の場合は法定相続分の2分の1、親だけが相続人の場合は3分の1について、各相続人は遺言に関らず遺産を取得できます。遺留分の権利行使は1年以内となっていますが、これは相続開始後に遺留分相当の遺産を取得できないことを知った時からなので、ご質問のように1年以上経過していても、その時初めて遺言の内容を知った場合は権利を行使できます。

橋本法律事務所

横浜市中区太田町1‐4‐2 関内川島ビル7F

TEL:045-664-4178

http://hashimoto-law.com/

大和版のピックアップ(PR)最新6件

A型ボツリヌス毒素製剤とは?

しわ取りの定番 医療レポート

A型ボツリヌス毒素製剤とは?

1月19日号

気持ちよく歌えるボーカル

楽しい!

気持ちよく歌えるボーカル

1月12日号

「患者目線」と「先進医療」で一人ひとりに寄り添う診療を

医療法人風航会 大和中央眼科 眼科医療で地域に貢献

「患者目線」と「先進医療」で一人ひとりに寄り添う診療を

1月1日号

大切な人を利用させたいサービスを

平成17年5月開設

大切な人を利用させたいサービスを

1月1日号

「認知症かな?」と思ったら

和文化の魅力を世界へ

明治維新150年

和文化の魅力を世界へ

1月1日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク