大和版 掲載号:2017年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

合計特殊出生率 大和市 県内市1位に 全国平均も上回る

社会

インタビューに答える市長
インタビューに答える市長
 2015年の神奈川県衛生統計年報が昨年12月に発表され、大和市の合計特殊出生率が1・46になり、県内19市でトップだったことが分かった。

 大和市の合計特殊出生率は、2005年には1・13で、県の平均とほぼ同水準であったが、その後、2013年には1・41で県内市1位となり、2014年には1・39で2位、そして2015年には大きく数字を伸ばし、1・46で再び1位となった。この1・46という数字は、2015年の全国平均も上回るもの。

 大和市の値が上昇し、全国平均を上回るまでになったことに対し、大木哲市長に話を聞いた。

市長に聞く

 ――今回の結果をどう受け止められましたか。

 「正直いって1位だとは思わなかった。1位になってもらいたという願望のようなものはあったのですが。前回の1位より0・05伸びて1位。前回は全国平均より0・02低かったのですが、今回は全国平均よりも0・01上回っている。伸び率が非常にあり、全国平均との差も縮まってきているなと感じました。

 神奈川県や東京都などの首都圏では合計特殊出生率が低いのが特徴ともいえます。東京は1・17ですから。かつて大和市も1・13という、東京より低かったこともありました。それが少子化社会と言われ始めてから伸びてきて、そして全国平均を上回ったということは大変嬉しいことです」

 ――要因をどのように見ていますか。

 「市の取り組む事業のなかで、大和市以外ではやっていない施策というものはないのですが、一般不妊治療費助成、不育症治療費助成、第3子以降の出産費助成は県内初の実施であり、他に先駆けてやってきたということがいえます。そういったところが花開いてきている。また、不育症治療というのがあり、大和市では8割を超える人が出産にこぎつけたということもお伝えしたいですね。

 子供に力を入れている点では、市立病院に産婦人科や小児科の常勤の先生が多く、妊婦さんの安心感ということでは以前と比較して飛躍的に改善したのではないかと考えます。保育所などが整っていることも重要ですが、その前の医療が整っていることは大事です。子供を産み育てるという環境が、以前に比べて好転してきていると思います」

 ――今後に向けての取り組みなどを。

 「都市部では子供を産み育てやすい環境があるのかどうかで、出生率の数値が変わってきます。これからも継続して少子化対策のなかで、子供の環境を整えていきます」

 ※合計特殊出生率とは、一人の女性が生涯、何人の子供を産むのかを推計したもの。

大和版のローカルニュース最新6件

大和北A、貫録のV3

最大4分差を逆転

大和北A、貫録のV3

1月19日号

6mの火柱舞う

6mの火柱舞う

1月19日号

新年最初のお宝探し

諏訪神社で左義長

「2部昇格を」

シルフィード

「2部昇格を」

1月19日号

ママのお点前は

ママのお点前は

1月19日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク