大和版 掲載号:2017年2月3日号 エリアトップへ

上草柳 地域で守る 児童の安全 「おかえりなさい運動」を12年

社会

掲載号:2017年2月3日号

  • LINE
  • hatena
通りに立ち児童を見守るメンバーら
通りに立ち児童を見守るメンバーら

 上草柳の草柳小学校学区内では、9つの自治会や保護者の有志からなる「おかえりなさい運動の会」(峯一男(いちお)会長=人物風土記で紹介=)が、児童の登下校の安全を守るための見守り活動を12年間毎日続けている。

 「おかえりなさい。今日は学校どうだった」「楽しかったよ」―。下校時、通学路では50歳以上も離れた小学生と地域住民が笑顔で会話を交わす。上草柳地区の日常風景だ。

 全国的に小学生を狙った犯罪が連続したことを受け、2005年に学校・PTA・地域の3者が協力して立ち上がり活動を始めた。現在は地域の高齢者や保護者など約50人のメンバーが緑のジャンパーを着て自主的に大通りに立ち、小学1・2年生の下校時間に合わせて毎日声掛けを行っている。

 「毎日顔を合わせているので、機嫌が悪いときや落ち込んでいるときはすぐ分かる」と峯会長。過去には、落ち込んでいる児童に声をかけると、児童が友達から悪口を言われたことを話したため、学校に連絡をしたことがあったという。

高齢者の見守りにも

 この活動は、児童の見守り活動であると同時に、見守る立場である高齢者の見守りにもなっている。いつも来ているはずの日に姿が見えないと、念のために連絡。メンバーには独り暮らしの高齢者も多いため、児童の見守りのために外出し話す機会があることが安心感につながっている。

 峯会長は「私たちにできることは限られている。しかし継続してきたことによって、少しは抑止力となっていると思う」と話した。

大和版のトップニュース最新6

専用封筒で発送スタート

ワクチン接種券

専用封筒で発送スタート 社会

接種予約は5月6日から

4月23日号

コンテストで全国1位

中央林間在住吉川さん

コンテストで全国1位 社会

応募総数564点の中から

4月23日号

本多選手が五輪切符

水泳日本選手権

本多選手が五輪切符 スポーツ

200バタ、瀬戸選手抑え優勝

4月16日号

「大流行、肌で感じた」

タウンレポート

「大流行、肌で感じた」 社会

医師会・小林会長インタビュー

4月16日号

5世代の車両一堂に

5世代の車両一堂に 経済

19日ロマンスカーミュージアム開業

4月16日号

「制度波及の手本に」

「制度波及の手本に」 社会

P(パートナー)S(シップ)“先輩”・駐蘭大使がエール

4月9日号

24時間安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter