大和版 掲載号:2017年2月10日号 エリアトップへ

12日に行われる「かながわ駅伝」で大和市の監督を務める 刈屋 藤男さん 市内柳橋在住 60歳

掲載号:2017年2月10日号

  • LINE
  • hatena

虎視眈々、狙う世界記録

 ○…昨年は、2年間の闘病の末亡くなった、佐藤東哉監督とともに大会に臨んだが、今年は一人でチームを率いる初めての大会となる。実業団所属のエース選手の不在が響くが、若い選手たちを「最後の一歩まであきらめない気持ちを忘れずに」といって送り出す。その眼は監督というより好々爺のように優しく細く刻まれる。

 ○…生まれは北海道富良野市。冬場は「スキーを履いて通学」するため、自然と足腰が鍛えられた。陸上部に所属はしなかったが、体育の授業や運動会での足の速さを見込まれ、中学では学校対抗駅伝などに駆り出され、高校時代は校内マラソン大会で3年間、3位以内を死守した。大和工業(現ユニプレス)への就職を機に大和へ。昼間仕事をし、少し早めに上がり、都内の夜学(工学院大学)へ。帰宅はいつも夜中だった。「冬はからっ風が冷たくてね。北海道より寒いなぁと思った」と懐かしそうに微笑んだ。大和での生活はすでに40年を超えた。

 ○…職場には駅伝の全国大会出場経験者などもおり、彼らと一緒に走り始めた。しかしタイム差は中々縮まらない。会社近くの寮に住み、休みの日と夜にしか走らない自分と「通勤ラン」を続ける先輩とでは、絶対的な練習量が違うことに愕然とする。27歳で結婚、寮を出ると、早速「通勤ラン」を開始。月間の練習量は多い時で600Kmまで増えた。少しずつ走りが通用するようになり、東日本縦断(青森東京間)駅伝で県代表に選ばれたことも。

 ○…ベストタイムはフルマラソンが2時間29分、ハーフマラソンで1時間6分。フルは41歳、ハーフは42歳の時に出した。「遅咲きだったので長続きしたのかな」と自己分析。今でもハーフは1時間22、23分で走る。実は60歳のフルマラソン世界記録を持つ友人がいる。密かに記録更新を狙っていたが叶わなかった。「まだ狙いたい。諦めたくない」。目標を追う目はまだ鋭い。

24時間安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版の人物風土記最新6

小笠原 陽子さん

明日17日(土)公演のやまと子どもミュージカルで、長年、父母会の中心メンバーとして活動する

小笠原 陽子さん

横浜市在住 50歳

4月16日号

佐藤 愛美(あみ)さん

元劇団四季団員で、4月からバレエスタジオを主宰する

佐藤 愛美(あみ)さん

中央林間勤務 36歳

4月9日号

井上 直己さん

地球環境の問題を地域で幅広い世代に伝える

井上 直己さん

つきみ野在住 43歳

4月2日号

濱本 まりんさん

今シーズンから大和シルフィードのキャプテンを務める

濱本 まりんさん

福田の里勤務 26歳

3月26日号

小宮山 光賢さん

記者で、映画『戦車闘争』の制作に協力した

小宮山 光賢さん

市内中央在住 77歳

3月5日号

大木 英広さん

交通栄誉章「緑十字銀賞」の優良運転者として表彰を受けた

大木 英広さん

市内在住 57歳

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter