大和版 掲載号:2017年4月28日号 エリアトップへ

大和市と細野コンクリート 災害時、水運搬で協定 ミキサー車を活用

社会

掲載号:2017年4月28日号

  • LINE
  • hatena
協定書を手にする両代表者
協定書を手にする両代表者

 大和市と細野コンクリート(株)(下鶴間・細野泰司代表取締役社長)は4月21日、「大規模災害時における災害支援に関する協定」を締結した。大規模災害時、消火用水や生活用水を同社のコンクリートミキサー車が運搬する。

 大規模な災害が発生し、市街地など人口密集地域が火災となった場合、延焼防止のための消火用水や、避難施設などでの生活用水が大量に必要となる。協定ではこのような事態が発生した際、市の要請に基づき同社が保有するコンクリートミキサー車を市が指定する場所へ出動させ、防火水槽などへの消火用水補給や、断水している避難施設への生活用水供給などを行う。コンクリートミキサー車を給水に活用する災害支援協定は、横浜市瀬谷区に続いて県内2例目。

 大和市役所での締結式には、市から大木市長ら、細野コンクリート(株)から細野代表取締役らが出席し、協定書に署名。大木市長は「人口密度が川崎市に次いで県内2番目に高い大和市では、火災時に大規模延焼となりやすい。この協力体制は、市民の安心安全につながる」とあいさつ。細野代表取締役は「当社では50台近いミキサー車を持っているので、いつでもご協力したい。地域貢献ができて嬉しい」と応じた。

糸魚川市大火事が発端

 今回の協定締結は、昨年12月に発生し、鎮火まで約30時間を要した新潟県糸魚川市での大規模火災がきっかけとなっている。

 今年2月、糸魚川市の市議団が大和市を訪問。延焼阻止のために大和市が取り組んでいる、自治会や駅、コンビニなどへのスタンドパイプ消火資機材配置を視察した。その際、大和市の担当者が、糸魚川市火災のニュース映像で見た街中を走り回るコンクリートミキサー車について質問し、火災時のコンクリートミキサー車活用を知ったという。
 

大和版のトップニュース最新6

今年も市民対象に販売

東京2020五輪チケット

今年も市民対象に販売 社会

申込み締切は4月23日(金)

4月9日号

「制度波及の手本に」

「制度波及の手本に」 社会

P(パートナー)S(シップ)“先輩”・駐蘭大使がエール

4月9日号

部長職に新任6人

大和市

部長職に新任6人 社会

4月1日付人事を発令

4月2日号

こどもの城がオープン

公私連携型施設

こどもの城がオープン 教育

子育て支援の拠点に

4月2日号

レンドルフが戴冠

レンドルフが戴冠 経済

行ってみたいお店大賞

3月26日号

救命の感謝、市民に還元

市内在住戸澤 章さん

救命の感謝、市民に還元 社会

 救急車購入費約3900万円を寄付

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク