大和版 掲載号:2017年5月5日号 エリアトップへ

FMやまと、開局20周年 地域密着の放送続け

社会

掲載号:2017年5月5日号

  • LINE
  • hatena
20年前、放送開始当時のFMやまと
20年前、放送開始当時のFMやまと

 地元大和のコミュニティー放送局FMやまと(大和ラジオ放送(株)、中村友彦・代表取締役社長)が5月9日、開局20周年を迎える。大和市内の情報発信のほか、災害時など緊急時の情報伝達手段の一翼を担うなど、地域密着の放送を続けている。

 コミュニティーFM局の開設は、大和市が1993年に策定した地域情報化基本計画「やまと情報化プラン」に基づき、情報化時代の街づくりの一翼を担う情報発信源として始まった。

 94年11月に、市のほか、大和商工会議所や民間企業・団体などが出資し、放送主体となる第三セクター、大和ラジオ放送(株)を設立。翌年4月8日には、当時の郵政省関東電気通信監理局から予備免許の交付を受け、周波数77・7メガヘルツで試験放送を開始した。

 当初の出力は10ワットで、現在は20ワット。大和市内だけでなく、横浜や相模原、藤沢、座間、綾瀬、厚木、町田などの近隣市でも聴取することができる。

大規模災害時の要

 コミュニティーFMの役割がより期待されるのが、大規模災害時。FMやまとでも2011年には、東日本大震災発生直後から、県内コミュニティーFMとしては最長となる113時間連続の防災放送を行い、市内の災害情報や計画停電の実施情報などを発信してきた。同年4月には、市内の全小中学校に携帯型ポータブルラジオを寄贈するなど、防災面でも貢献を続けている。

 また同局は、大和市と「災害情報等の放送に関する協定」を締結。大規模災害時には市災害対策本部から提供されるさまざまな情報を伝えるほか、市内のライフライン情報も放送する。さらに、市内で震度5弱以上の地震発生が予知された場合などには、Jアラート(全国瞬時警報システム)で受信した情報を自動的に放送する体制をとっている。

シリウスにオープンスタジオ

 昨年11月には、大和市文化創造拠点シリウスの開館に合わせて、会社とスタジオを同拠点内に移転。特に1階の東側プロムナード沿いにあるスタジオはガラス張りのオープン型となっており、放送の様子を見学することができる。

1年かけ参加型イベント

 開局20周年を踏まえ、同社では1年間にわたり、地域活性化と住民参加型のイベント「FM YAMA『TO LIVE!』」を行っていくという。

 同社では20周年を迎えるにあたり、「大和市や地域の皆様に支えられて、歩むことができた20年だと思っております」と感謝を述べるとともに「これからも地域の皆様がFMやまとを通じてつながっていけるように努力してまいります」とコメントした。
 

大和版のトップニュース最新6

シリウスで実証実験

やまと国際オペラ協会

シリウスで実証実験 文化

来年3月の公演に向け

11月20日号

ホーム連勝で有終の美

大和シルフィード

ホーム連勝で有終の美 スポーツ

2部2年目で初の勝ち越し

11月20日号

終電繰り上げを発表

小田急東急

終電繰り上げを発表 社会

来春のダイヤ改正で

11月13日号

1団体と3人が受賞

大和市文化芸術賞

1団体と3人が受賞 文化

受賞者のみで表彰式

11月13日号

民間施設に初「赤ちゃんの駅」

民間施設に初「赤ちゃんの駅」 社会

横浜トヨペット他グループ3社

11月6日号

かるた、間もなく完成

市子連

かるた、間もなく完成 教育

5年ぶりリニューアル

10月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク