大和版 掲載号:2017年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

大和女性防犯会 20年の節目に栄誉 内閣総理大臣表彰を受賞

社会

受賞を小林署長(前列中央)に報告。(前列右から3人目が小菅会長)
受賞を小林署長(前列中央)に報告。(前列右から3人目が小菅会長)
 女性による防犯団体・大和女性防犯会(小菅陽子会長)が、平成29年安全安心な街づくり関係功労者として内閣総理大臣表彰を受賞した。今年の受賞は全国で10団体のみで、県内では同会が唯一の受賞だった。

 表彰は犯罪に強い社会実現のため、安全安心なまちづくり推進に顕著な功績のあった個人・団体を顕彰するもの。表彰式は10月13日に首相官邸で行われた。

 小菅会長は「受賞は皆が喜んでくれた。とても励みになる一方で、責任も感じる。『あんな活動で内閣総理大臣賞をもらったの?』などと言われないように今後もできる範囲で活動を継続したい」と語った。

 大和女性防犯会は、1998(平成10)年4月創立。自治会連合会などから「女性だけの防犯会を」との声を受けたもので、各地域から推薦を受けた女性たちで結成された。任期は2年で再任あり。小菅会長を始め4人が結成当初からのメンバー。現在の会員は21人で40〜70代の「心と時間に余裕のある女性」(小菅会長)。主な活動は、揃いの黄緑色の帽子やベストを着用し、毎日の登下校時の声掛けや定期的パトロール、各種イベントやキャンペーンへの参加、防犯啓発など。中高生が行う防犯ボランティア活動では、活動に参加するだけでなくノウハウを伝授するなど、次世代のリーダー育成にも貢献している。

 同会は10月26日に大和警察署を訪れ、小林仁署長に受賞を報告。小林署長は、「表彰対象として、県の代表になるだけでも大変なこと。防犯パトロールや中高生との交流など、女性ならではの目線やコミュニケーションが評価されたのだと思います」と会員たちを労った。

大和版のトップニュース最新6件

市民交流の拠点に

旧図書館

市民交流の拠点に

1月19日号

活性化のための居場所作り

夜のじどうかん

活性化のための居場所作り

1月19日号

丸山さんがやってくる

全部門が大混戦

第60回大和市駅伝

全部門が大混戦

1月12日号

2267人が門出

成人式

2267人が門出

1月5日号

"初春恒例"の活躍に期待

大和南高校

"初春恒例"の活躍に期待

1月1日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク