大和版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

大和市在宅医療・介護連携支援センターのセンター長を務める 大橋 佳弘さん 大和東クリニック院長 43歳

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena

健康都市支える若き旗手

 ○…センターは、高齢者が住み慣れた地域で在宅医療や介護を受けられるよう、医療機関と介護事業所の連携の拠点として昨年4月に開所。医師会の理事として、先進地域視察など、立ち上げに関わったことから、そのままセンター長に就任した。近隣市に先駆けた活動で、「注目されているが、まだまだ知名度が低い」と苦笑い。『他職種連携』をテーマに「1人の患者さんを医療・介護それぞれが並行して『チーム』でみられる体制づくり」が目標だ。

 ○…生まれも育ちも大和。医師を目指したのは幼稚園の頃。「命を助けてもらった」と感謝される父の姿が幼心に誇りだった。東邦大の医局に消化器外科医として務めた後、医師不足で困っていた大和市立病院に転じた。「当時から大和の役に立ちたいという思いがあった」。3年前、父が院長を務める深見台中央医院の分院として大和東クリニックを大和駅前に開業。現在は両院での診療に加え、市立病院にも月2回つめる。

 ○…若い頃は家に帰るのは3日に1度、手術室に48時間居続けたことも。「人の命を預かるので、いい加減にはできない」とキッパリ。日進月歩の医療技術についていくため自らのアップデートも欠かさない。「患者さんには一番良い医療を提供できるようにしないと」。それは文字通りセンターの設立趣旨にもつながる思いだ。

 ○…休日の楽しみは月に1、2度出かけるゴルフ。35歳のころから始め、今ではハンデ9の腕前。受け答え同様冷静なプレー振りかと思いきや「ついつい熱くなってしまう」と笑う。3人の息子達と過ごす時間も楽しみの一つ。皆、医者志望。「なりたい、と言われたらやはり嬉しい」と目を細める。少子高齢化、人口減少、AIの台頭。子どもの成長する未来は、医師不要の時代と交差する可能性をはらむ。「少し不安を感じる」と子を想う父親の正直な気持ちがこぼれた。それでも医師の使命と矜持を背中で示し、父は白衣を身にまとう。

24時間安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版の人物風土記最新6

小笠原 陽子さん

明日17日(土)公演のやまと子どもミュージカルで、長年、父母会の中心メンバーとして活動する

小笠原 陽子さん

横浜市在住 50歳

4月16日号

佐藤 愛美(あみ)さん

元劇団四季団員で、4月からバレエスタジオを主宰する

佐藤 愛美(あみ)さん

中央林間勤務 36歳

4月9日号

井上 直己さん

地球環境の問題を地域で幅広い世代に伝える

井上 直己さん

つきみ野在住 43歳

4月2日号

濱本 まりんさん

今シーズンから大和シルフィードのキャプテンを務める

濱本 まりんさん

福田の里勤務 26歳

3月26日号

小宮山 光賢さん

記者で、映画『戦車闘争』の制作に協力した

小宮山 光賢さん

市内中央在住 77歳

3月5日号

大木 英広さん

交通栄誉章「緑十字銀賞」の優良運転者として表彰を受けた

大木 英広さん

市内在住 57歳

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter