大和版 掲載号:2018年1月1日号 エリアトップへ

新春報告 いじめ相談、LINEなど活用へ 公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

掲載号:2018年1月1日号

  • LINE
  • hatena

来年度導入めざす県教委

 県内では、高校生の9割、中学生の7割がスマホを持ち、そのうち98%がLINE、82%がツイッターを利用しています。

 一方、いわゆる「ネットいじめ」も多発しています。県教育委員会では、「24時間子どもSOSダイヤル」で電話相談を行っていますが、電話は敷居が高いと感じる生徒も多くいます。

 こうした中、長野県では昨年9月、LINEによるいじめ相談を試験的に実施。2週間の試行期間中に、年間電話相談件数の2倍に相当する547件の相談が寄せられました。

本会議で提案

 長野県での反響の大きさをみて、私は昨年12月4日の県議会本会議の代表質問で、いじめ相談にLINEなどのSNSを活用するよう提案。桐谷次郎教育長は、「電話相談との役割分担、相談体制などについて早急に調査研究を進め、SNSを活用したいじめ相談を検討する」と答弁しました。

 県教委では、文部科学省が来年度予算の概算要求に盛り込んだモデル事業の活用をめざす方針です。

LINE担当者と意見交換

 政策は細部が大事です。事業の細部までチェックをしていかなければ、効果を最大限に引き出すことはできません。そこで、昨年末、LINE株式会社の担当者と会い、長野県の事業について詳しく伺いました。

 担当者によると、生徒にとってLINEはいつも使っているアプリであることから、気軽に相談することができ、悩みが深刻な事態に陥ることを回避できた一方、【1】SNSでは「共感・寄り添い」を伝えることが難しい、【2】深刻な相談では電話相談に切り替えられる仕組みが必要――などの課題があったといいます。

 神奈川で導入する際には、こうした課題を踏まえ、最も効果的な方法で実施できるよう全力を尽くします。

安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版の意見広告・議会報告最新6

コミセン下鶴間会館 移転へ

議会報告

コミセン下鶴間会館 移転へ

大和市議会 副議長 小倉隆夫

3月26日号

コロナ禍の厳しい予算、  選択と集中の財政運営を

議会報告

コロナ禍の厳しい予算、  選択と集中の財政運営を

大和市議会議員 福本たかふみ

3月26日号

市民の幸福のための施策実現目指して

市政報告

市民の幸福のための施策実現目指して

公明党 大和市議団

3月26日号

小田急線踏切内の歩道が拡幅

県政報告

小田急線踏切内の歩道が拡幅

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

3月26日号

大和正風会

大和市議会 会派 議会活動報告

大和正風会

3月19日号

コロナ下こそ”密”な「ケアラー」支援を

活動報告

コロナ下こそ”密”な「ケアラー」支援を

大和市議会議員 古木 邦明

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter