大和版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

平成の30年 大和の30年 平成23年・夏 大和なでしこ、世界一 女子サッカー日本代表・川澄選手らが大活躍

スポーツ

 平成23(2011)年7月18日深夜。生涯学習センターで行われたパブリック・ビューイングに集まった550人は、夜明けとともに歓喜の雄叫びを上げた。

 ドイツで行われた女子サッカーワールドカップで、日本代表「なでしこジャパン」が世界一に輝いた瞬間だ。

 代表には、中央林間出身の川澄奈穂美選手、横浜・瀬谷区出身で、小学校時代、川澄選手と同じ「林間レモンズ」に所属していた上尾野辺めぐみ選手、座間市出身で、現在、両親が大和に住む大野忍選手の「大和ゆかり」の3選手が中心選手として活躍。大野選手は2年前の北京五輪4位で、川澄選手は前年、中国で行われた広州アジア大会での金メダルで、それぞれ市民栄誉賞に選ばれている。

 9月には、南林間駅と鶴間駅を結ぶ二条通りで3選手に、平成22(2010)年にノーベル賞を受賞した根岸英一さんを加えたパレードが行われ、沿道は3万2千人もの市民で溢れかえった。
 

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

終末期医療と看取り学ぶ

終末期医療と看取り学ぶ

2月2日つきみ野学習センター

2月2日~2月2日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク