大和版 掲載号:2018年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

第60回大和市駅伝大会で特別表彰を受けた 本山 勇次さん 大和東在住 69歳

大会に受け継がれたDNA

 ○…今回の特別表彰、警察や自治連など大会運営を支える団体と並び、個人で唯一表彰を受けた。「なんで俺が?」と訝しんだが、一緒に苦労した後輩たちが推薦してくれた。大会を観るのは5年ぶり。「感動したなぁ。ああいう雰囲気が市民駅伝だよねぇ」。そう言って子どもの成長を喜ぶ親のように目を細めた。

 ○…今からちょうど20年前。第40回を記念し、駅伝大会はスポーツセンター周辺を飛び出し、市内一周駅伝になった。しかし区間記録がでないなどのトラブルが発生。地区対抗の部のチームからは「もう参加したくない」などの厳しい意見が出てしまう。当時、体育指導員連絡協議会の会長として、仲間の指導員を連れ、近隣の駅伝大会を視察。運営方法を一から学び、「自分たちに運営させてほしい」と周囲を説得、現在の実行委員会組織での運営に持っていった。体育指導員として地域を回り、参加を呼び掛けた。中学生に運動部のユニフォームを着て参加してもらったり、小学生の大会を開いたりと現在の骨組みを作り上げた。現在の大会運営には変わらぬDNAがしっかりと息づいている。

 ○…俳人・小林一茶の生誕地、長野県信濃町の生まれ。「一晩で30〜40cm積もることも」ある豪雪地帯。ノルディックスキーが、スポーツというより日常の”必須科目”だった。「でも真っ直ぐしか滑れないの。孫の方が上手に滑るよ」と笑う。就職を機に18歳で大和に。すでに半世紀を超えた。

 ○…自治会班長を務めていたある日、地区の運動会でリレーに出た。それを見ていた知人から「〇月×日、自治会館に来て」と言われ、言ってみるとそれが体育指導員の総会だった。以来30年以上地域の行事に携わってきた。地区内でソフトバレーやグラウンドゴルフなどのチームを立ち上げたことも。「土日ほとんど家にいなかったからね。妻には『よその奥さんばかり面倒見て』なんていわれましたよ」と苦笑いを浮かべた。

大和版の人物風土記最新6件

松下 沙織さん

世界最高峰のエベレスト登頂を成功させた

松下 沙織さん

9月14日号

大谷 浩規さん

県消防操法大会で最優秀賞を受賞した、市消防団第1分団の分団長を務める

大谷 浩規さん

9月7日号

「笑顔パワー」で奉仕活動

田丸 旭さん

大和市南林間地区たすけあい協議会の会長を務める

田丸 旭さん

8月10日号

高瀬 英一さん

大和市老人クラブ連合会「ゆめクラブ大和」の新会長に就任した

高瀬 英一さん

8月3日号

杉間 泰則さん

新しく大和市国際化協会の理事長に就任した

杉間 泰則さん

7月27日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

猫好きのお祭り

猫好きのお祭り

18日から作品展

9月18日~9月24日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク