大和版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

大和市 救急出動、過去最多 火災件数も3年ぶり増加

社会

 2017年の市内の救急出動件数は1万1711件と、過去最多だったことが分かった。また、火災発生件数は過去最少だった16年よりも増加。放火が大きく増えたことが要因とみられる。

 大和市消防本部によると、17年の救急出動件数は1万1711件となり、これまで最多だった前年の16年から435件増え、過去最多を更新した。

 市内では5年前の12年に出動件数が1万件を超えた。14年に前年比11件減と若干の減少はあったものの、基本的には年々増加傾向が続いている。

 17年の出動件数のうち、65歳以上が54%と半数以上を占めている。また、種別では、「急病」が多くなっている。

放火が大幅増

 一方、2年連続で減少していた市内の火災発生件数。17年は51件と前年より19件増え、3年ぶりの増加に転じた。

 種別では、建物火災が30件(前年比9件増)と最も多くなっている。

 主な火災の原因としては、放火および放火の疑いが22件となっており、前年よりも16件の大幅増となったことが、火災発生件数全体の増加につながった。

 消防本部では対策として、防火パトロールのほか、広報による注意喚起などに取り組んでいる。

 そのほか市では、県内自治体で最多数となる街頭防犯カメラの設置も進めており、放火を含む犯罪の発生抑止施策も進めている。

大和版のトップニュース最新6件

鶴間ほうさい殿

家族葬から一般葬儀までご相談ください

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク