大和版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

大和市 駐輪場シェア企業と協定 大和、中央林間駅周辺で

社会

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena
協定書に署名する中野社長(左)と大木市長
協定書に署名する中野社長(左)と大木市長

 大和市は2月1日、駐輪場施設の設置や運営に関する協定を、アイキューソフィア(株)(東京都新宿区・中野里美代表取締役社長)と締結した。大和、中央林間両駅周辺で同社の駐輪場シェアサービスを活用することで、買い物客など短時間駐輪者の放置自転車減少をめざす。

 市が協定を結んだアイキューソフィアは、駐輪場シェアサービスの「みんちゅう」を昨年8月から運営している。このサービスでは、スマートフォンを使って、店先など事前に登録された狭い空きスペース等を、有料駐輪場として貸し借りすることができる。広い土地や新たな駐輪機器の設置も不要なため、駅周辺などでの新たな駐輪スペース確保が期待される。

短時間放置で対策

 市によると、駐輪場整備や放置自転車に対する見回りなどにより、通勤通学で駅に通う人の駐輪場利用率は向上し、撤去台数は年々減少しているという。

 しかし、駅周辺の不正駐輪への警告台数は毎年7万台前後で横ばいなことから市は、買い物客などが「店の近くに駐輪場がない」などの理由で、歩道などに短時間、自転車を放置するケースが多いと分析。駅周辺に小規模な駐輪場を多数配置する方法を検討するなかで、同社のサービスを知り、今回の協定締結となった。

 対象は大和、中央林間両駅周辺のみんちゅう提携駐輪場。予約や貸し借りは同サービスを使った手続きとなり、市は巡視員によるパトロールや不正駐輪自転車への警告、移動保管を担う。また、商店会などへの駐輪場設置の依頼協力も行う。

 協定による運用は15日から開始。すでに同サービスでは、両駅周辺で駐輪場の登録がされており、利用可能となっている。

大和駅前では多数の放置自転車も
大和駅前では多数の放置自転車も

大和版のトップニュース最新6

「何でも気軽に話して」

コロナ対策

「何でも気軽に話して」 社会

専用の電話窓口を開設

11月27日号

シリウスで実証実験

やまと国際オペラ協会

シリウスで実証実験 文化

来年3月の公演に向け

11月20日号

ホーム連勝で有終の美

大和シルフィード

ホーム連勝で有終の美 スポーツ

2部2年目で初の勝ち越し

11月20日号

終電繰り上げを発表

小田急東急

終電繰り上げを発表 社会

来春のダイヤ改正で

11月13日号

1団体と3人が受賞

大和市文化芸術賞

1団体と3人が受賞 文化

受賞者のみで表彰式

11月13日号

民間施設に初「赤ちゃんの駅」

民間施設に初「赤ちゃんの駅」 社会

横浜トヨペット他グループ3社

11月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク