大和版 掲載号:2018年6月1日号
  • googleplus
  • LINE

かつてない賑わい 桜ヶ丘駅前で朝市

経済

午前10時前から人だかりができた
午前10時前から人だかりができた
 かつての賑わいを取り戻そうと、小田急桜ヶ丘駅の東口で5月27日、朝市が初開催された。通りは午前10時の開場前から来場者で埋め尽くされ、通りの先が見通せないほどの人でごった返した。三崎の海産物や小田原の蒲鉾などは特価で販売されたこともあり、開始30分で完売。小田原から参加した蒲鉾の老舗「丸う田代」では「これほどまでとは思わなかった」と嬉しい悲鳴を上げていた。桜ヶ丘に住んで40年になるという女性は「他に比べて見放されている感があり、寂しかった。これまでこんな賑わい見たことない」と喜んでいた。次回は秋頃の開催を予定している。

三崎の海産物も30分で完売
三崎の海産物も30分で完売

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最後の林間で歌おう

最後の林間で歌おう

6月24日 うたごえ「青麦」

6月24日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月15日号

お問い合わせ

外部リンク