大和版 掲載号:2018年6月1日号
  • LINE
  • はてぶ

市企業振興条例 初認定は三機建替え事業 投資額の一部交付で支援

経済

認定書を受け取る長谷川社長(左)と、大木市長
認定書を受け取る長谷川社長(左)と、大木市長
 大和市は、三機工業(株)が下鶴間で進めている事業所の建替え事業の計画を、市企業活動振興条例に基づく支援対象として初認定し、5月23日市役所で認定式を行った。これにより同社は、事業完了後、市に交付申請することで奨励金を受け取れるなどの支援を受けることができるようになる。

 市企業活動振興条例は、今年4月1日に施行された。現在市内で活動中の企業を支援するほか、新たな企業誘致や創業などを推進するため、市内で事業拡大や新たな設備投資などを行う際に奨励金を交付することなどが定められている。

 条例施行後、認定第1号となったのは、三機工業が下鶴間で進める事業所の建替え計画。同社は1962年に事業所を構えてコンベヤーなどを製造。製品はシリウスの図書自動返却システムにも採用されている。また、建替え前の事業所内に設置されていたビオトープ「自然環境園」では、野生のカルガモが飛来して子育てを行っていたほか、来場者数が1万人を超えるなど、近隣住民の憩いの場所となっていた。

ビオトープも再構築

 認定式には、同社代表取締役の長谷川勉社長や、大木哲市長らが出席。大木市長から長谷川社長に、事業計画認定通知書が手渡された。

 大木市長は「本市における産業振興のリーディングカンパニーとして、発展してほしい」と挨拶。長谷川社長は「これからも大和市の地元企業として地域経済の活性化に協力し、市とともに歩んでいきたい」と話した。記者からのビオトープの再整備に関する質問については「移設し、再構築する予定。市民の方だけでなく、カルガモにも戻ってきてほしい」と答えた。

大和版のトップニュース最新6件

「研究、研修の総本山に」

三機テクノセンターオープン

「研究、研修の総本山に」

10月19日号

大和JCが40周年

大和JCが40周年

10月19日号

″海なし大和″から頂点

全日本サーフィン選手権

″海なし大和″から頂点

10月12日号

岐阜・高山で被災農家支援

西日本豪雨

岐阜・高山で被災農家支援

10月12日号

「ここさぽ」オープン

桜ヶ丘駅西口すぐ

「ここさぽ」オープン

10月5日号

最大瞬間風速44m超

台風24号

最大瞬間風速44m超

10月5日号

横浜商科大学高等学校

学校説明会10月20日(土)・11月23日(金)・12月1日(土)、予約不要

http://www.shodai-h.ed.jp/

<PR>

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

手作り作家の祭典 新たに

手作り作家の祭典 新たに

綾瀬で「ララ マルシェ」開催

11月10日~11月10日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク