大和版 掲載号:2018年6月15日号
  • LINE
  • hatena

大和南高校 42年目で体育祭を初開催 生徒の声を反映

教育

ゴールテープを飛び越える生徒も
ゴールテープを飛び越える生徒も
 県立大和南高校(幸田隆校長)で6月7日、同校初の体育祭が開催された。生徒からあがった希望をもとに、昨年度まで行われていた陸上競技大会を変更する形で開催された。

 体育祭の開催は、昨年度の生徒総会で議題にあがった。開催時にはすでに卒業してしまう、当時の3年生からの反対も懸念されたが、無事可決。開校以来41回に渡って開催されていた陸上競技大会を、体育祭に変更することが決まった。

 これまで体育祭を開催していなかった大きな理由の1つに、グラウンドの狭さがあった。そのため、競技スペース確保の関係で、今回は保護者や卒業生、地域住民には非公開で実施した。用具の調達や競技種目、当日の流れなど、ほとんどが手さぐりの状態の中、生徒会役員を中心に、生徒と教員が一丸となって準備にあたった。打ち合わせを重ね、朱・青・白・玄(くろ)の4色対抗の構成や応援合戦でのダンスなど、生徒の意見を色濃く反映することができたという。

生徒に感無量の涙未来の伝統行事に

 幸田校長は、「生徒が学校をより良い方向に変えようと、主体的に行動できる環境なのは大切なこと。学校の発展にもつながる」と話し、「今後に向けてさらに改善を加えて、伝統行事にしていけたら」と意欲を見せた。

 体育祭当日は、明け方まで降った雨の影響でグラウンドの状況は優れなかったが、午前6時頃から運動部の生徒たちが集合して整備を行った。

 勝敗やダンスの発表に涙を流す生徒も多く、生徒会長の田向直央君は「ゼロからのスタートで不安も多かったけれど、これだけ盛り上がって嬉しい。感無量です」と目を潤ませた。

男子選抜の騎馬戦に応援の声が響いた
男子選抜の騎馬戦に応援の声が響いた

大和版のトップニュース最新6件

補正に”オスプレイ交付金″

知ってる?骨髄ドナー支援

タウンレポート

知ってる?骨髄ドナー支援

2月22日号

「新改札」来年度から着工

小田急線中央林間駅

「新改札」来年度から着工

2月15日号

人・まちの健康に重点

表明は議会終了後か

市長選

表明は議会終了後か

2月8日号

「あいサポート運動」を導入

2/24家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月1日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

時代を彩った名曲たち

5組10人招待

時代を彩った名曲たち

3月10日 ウィーンホール

3月10日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク