大和版 掲載号:2018年7月6日号 エリアトップへ

県消防救助技術指導大会の「はしご登はん」で優勝し全国大会に出場する 諸星 俊二さん 厚木市在住 27歳

掲載号:2018年7月6日号

  • LINE
  • hatena

更なる高みを目指して

 ○…「緊張せず、自分らしく挑めた結果ですかね」とはにかむ。ビルの5階に相当する15mのはしごを、安全・迅速に登る技術が評価される「はしご登はん」で神奈川県1位に輝いた。種目歴3年目にして悲願の全国大会出場。「大和市消防職員の技術を皆さんに知ってもらえるよう、日本一を目指したい」と、健闘を誓う。

 ○…開成町出身。幼い頃から身体を動かすことが好きだった。家族の勧めもあって、消防士は小学生からの夢。体力には自信があり、自分でも向いていると思っていた。しかし「上には上がいた」。消防学校で周りの実力を目の当たりにして、自分の無力さを感じたという。「それでも前向きに、さらに上を目指そうと思いました」と懐かしそうに当時を振り返る。

 ○…大和市との出会いは「神奈川大和阿波おどり」だった。地元の連に入り阿波おどりに参加する両親の影響で、自身も小学生の頃から大学生まで演舞を披露。大和にも足を運んでいた。当時から感じていた「行事に町全体の盛り上がりがあって活発」という大和市の印象は、現在防災訓練などで市民と関わる中でも変わらずもち続けているのだという。

 ○…休日には料理を勉強するという、家庭的な一面も。得意料理はハンバーグ。「よく母の料理を手伝っていて。それを見て作り方を覚えました」とにやり。こだわりは、あえてゆるめにつくること。「ゆるいほうが、肉汁が溢れる気がして好き」と子どものように笑う。所属する南分署でも、当直の際に腕前を披露することがあるそうで、その評判は上々。職場の仲間の話になると思わず頬が緩み、「みんな賑やかだから、ここではムードメーカーになるにも一苦労なんですよ」と今日一番の笑顔をみせた。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版の人物風土記最新6

加藤 秀雄さん

第54代大和警察署長に着任した

加藤 秀雄さん

大和東在住 58歳

4月17日号

小菅 実さん

4月から第14代大和市消防団長に就任した

小菅 実さん

市内中央在住 62歳

4月10日号

斉藤 久実さん

長年、松任谷由実SURF&SNOWinNaeba期間中、ラウンジで演奏する

斉藤 久実さん

下鶴間在住

3月27日号

宮尾 孝一さん

昨シーズンに続きサッカーJ3・YSCCのキャプテンを務める

宮尾 孝一さん

市内在住 26歳

3月13日号

仲見世亭 せん弥さん(本名:澤田騎誉寛さん)

アマチュア落語家として市内各地で無料落語会を開催する

仲見世亭 せん弥さん(本名:澤田騎誉寛さん)

市内西鶴間在住 55歳

3月6日号

杉山 豊彦さん

3月1日に50周年式典を行う南林間自治会連合会の会長を務める

杉山 豊彦さん

南林間在住 80歳

2月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク