大和版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

大和市 ブロック塀撤去費を補助 大阪での死亡事故踏まえ

社会

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena
小林さん宅のブロック塀を調べる専門家
小林さん宅のブロック塀を調べる専門家

 6月の大阪府北部地震でブロック塀が倒壊し、子どもが死亡する事故が起こったことを受け、大和市は道路に面した危険なブロック塀などの無料診断と、撤去費用補助制度を今月からスタートさせた。補助期間を2年間と区切り、危険なブロック塀の早期解消を促す。

診断は無料

 撤去費用補助では最初に、無料診断を受ける必要がある。対象は、道路に面している市内全てのブロック塀や石積み塀などで、高さは問わない。

 診断を希望する塀の所有者が市建築指導課(【電話】046・260・5425)に申込みをすると、市が事業委託する大和市耐震化促進協議会から専門家が派遣され、無料でブロック塀等の高さや厚さ、傾きやひび割れなどを調査する。

 ここで法令などに適合していないと判定されたブロック塀等を撤去(上部をカットして高さを1・2m以下にする場合も含む)した場合、市から最大30万円の費用補助を受けることが出来る。

 無料診断は今年度末、撤去費用の補助は来年度末までが期間となっている。市では「市民の関心の高いうちに、早めの診断や撤去を推進していくため」と説明する。

「問題あり」451カ所

 事故を受け市が行った緊急調査では、道路に面する高さ1・2m超のブロック塀等は市内に7848カ所あり、そのうち451カ所は亀裂や傾きなど安全性に問題があるとされた。市はこの451カ所について、所有者に個別に連絡を取り、診断を受けるよう要請を行うとしている。

「事故知り、撤去決めた」

 今月からの制度開始を受け、市内では無料診断が行われている。10日には下鶴間の小林文夫さん宅で、ブロック塀の診断作業が実施された。

 以前は、ガスや灯油を販売する事業を行っていたという小林さん。約50年前に灯油などの貯蔵用倉庫を建てる際、当時の消防から安全のため高い塀を設けるよう指導があり、1・9mのブロック塀を作った。現在は事業を辞め倉庫もないが、道路沿いのブロック塀だけが残っている。

 大阪での事故を知った小林さんは、すぐにこの古くて高さのある塀を新しく低い塀に作り直そうと決意。市の制度が始まったことを知り、この日、まずは無料診断を受けた。

 当日は派遣された専門家が、実際の壁の高さや地中の基礎の有無、金属探知機を使って塀の中の鉄筋の位置や本数などをチェックした。小林さんは今後、診断結果を踏まえて、塀の撤去費用の補助を申請する予定という。

太ひでし事務所

大和市大和東3-7-11大和東共同ビル101号

https://futori.net/

<PR>

大和版のトップニュース最新6

5000人来場

中央林間運ちょこ祭り

5000人来場 文化

クラファンで実現

10月15日号

三浦瑞樹(みずき)投手が育成4位

大和中央クラブ出身

三浦瑞樹(みずき)投手が育成4位 スポーツ

プロ野球ドラフト会議

10月15日号

跳躍競技で好成績

Jr陸上CC

跳躍競技で好成績 スポーツ

松岡晶佑君・志村凛子さん

10月8日号

当選者決まる

プレミアム商品券

当選者決まる 経済

販売は10月18日(月)から

10月8日号

教育長に柿本氏

教育長に柿本氏 教育

再任理由に質問相次ぐ

10月1日号

市独自コロナ支援開始

大和市

市独自コロナ支援開始 社会

本日10月1日から

10月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook