大和版 掲載号:2018年9月7日号
  • LINE
  • はてぶ

西日本豪雨 大和からボラバス発車へ 10月発めざし、実行委立上げ

社会

準備委員会の様子
準備委員会の様子
 平成30年7月西日本豪雨の被災地に、大和から災害支援のボランティアバスを出そうと、プロジェクトが動きだした。本日7日(金)に、第1回の実行委員会が立ち上がる。=9月4日起稿

 実行委員会に先立ち、1日には準備委員会が開かれ、一般社団法人やまと災害ボランティアネットワークの市原信行代表をはじめ、市社協、歯科医、バス会社などが参加、現役の高校生も顔を揃えた。

 実行委員会には、官民双方から個人・団体の参加を求めており、「”チーム大和”で支援できれば」と市原さんは話す。

 バスの運行は、10月5日(金)から10月8日(祝・月)の連休を利用した日程を予定しており、この間で、日帰りから2夜・車中泊など3〜4案が検討されている。派遣先は岡山県や広島県、岐阜県などが候補に挙がっており、本日の実行委員会で決定される。参加募集は40人ほど。

 ボランティアバスの運行には、大型バスの使用など50〜60万円程度の費用が必要となる。実行委員会で協賛金や寄付を募るほか、参加費を取る案、高校生・大学生の参加を促すため、学生枠を設け、学生のみ無料とする案などが検討されている。

まだまだ必要ボランティア

 豪雨から2カ月。被災地では9月以降、災害ボランティアセンターの縮小や閉鎖に加え、ボランティアの募集も県内に限るところが増えてきている。しかしボランティア需要には地域差があり、夏休みが終わり、学生ボランティアの減少など「まだまだ足りない」というところも多い。「仮設住宅が完成し、引っ越し需要などニーズは沢山ある」(岡山県倉敷市)、「床下泥だしにまだ100人募集している」(岐阜県関市)など、未だに支援の手が届いていないところも多い。特に関市では泥だしだけで年内いっぱいかかると見込んでおり、「泥は冬場に凍ってしまうため、早く出さないと」と懸念している。

 「ボランティアの参加から事務、広報など協力してほしいことは沢山ある。個人・団体を問わず、ぜひ実行委員会に参加を」と市原さんは呼びかける。実行委員会は、本日7日午後7時から市民活動拠点ベテルギウスで開催。実行委員会に参加またはプロジェクトに関心ある人は、直接会場へ来場または市原さん【携帯電話】090・9349・5410まで。

大和版のトップニュース最新6件

今度はこども朝市も

桜ケ丘

今度はこども朝市も

11月16日号

原宣幸さん(下鶴間)に黄綬褒章

6点で導く 光の扉

11月1日は点字の日

6点で導く 光の扉

11月9日号

益田さん(市内上草柳)が世界新記録

国際ゴールドマスターズ

益田さん(市内上草柳)が世界新記録

11月9日号

大賞に大江さん(渋谷中3 年)

第10回やまと子ども絵画大賞

大賞に大江さん(渋谷中3 年)

11月2日号

海は何時でもバリアフリー

11/18家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

大和シルフィード優勝おめでとう

~縁結び菩薩~花のお寺 常泉寺

http://www.jousenji.com/

<PR>

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

下鶴間で野菜直売

下鶴間で野菜直売

11月17日 ふるさと館まつり

11月17日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク