大和版 掲載号:2018年10月5日号 エリアトップへ

「ねっとわ〜く福田北協議体」の会長を務める 柴田 保さん 市内柳橋在住 82歳

掲載号:2018年10月5日号

  • LINE
  • hatena

「助け合い」の種を蒔き続け

 ○…「協議体の核となる人たちを見てください。やはり高齢者が多いですよ」。桜ヶ丘駅前に念願の拠点「ここさぽ」がオープン。関係者を集め賑やかに行われたセレモニーでは、会長として周囲に穏やかな笑顔を振りまきながらも、担い手の高齢化という現実を重く受け止めていた。「ここがスタート。後の世代のことも考え、しっかりと基盤を作らないといけない」と口を結ぶ。

 ○…高齢者も障害者も多く暮らす福田北地域は「福祉について理解があり、助け合いの精神も根づく地域」と評する。ただ、様々な団体からなる協議体であるため、足並みを揃えるのが肝心。設立にあたっては各所に出向いて説明を繰り返した。「書面などではなく、やはり直接話にいくのが一番」。協議体では、施設を回るスタンプラリーなど独自企画も進めていく。

 ○…自治会長でもあり、福祉のプロでもある。今から46年前に障害をもって生まれた次男について、児童相談所から障害児童の相談施設を紹介されて行くと今にも潰れそうな状況だった。「ならば作ってしまおう」と自分の田んぼに施設を設立し移転。これが現在県内で約140の事業所を展開する社会福祉法人県央福祉会の設立につながる。東芝の設計士として働きながら運営し、56歳で定年退職後は、75歳まで先頭に立って法人の発展のために奔走。「色々な所に『何かあれば相談を』と声をかけていたら、輪が広がり事業所も増えていった。自分にできる範囲で助け、支え合う考え方は協議体でも同じ」と話す。

 ○…「やりきった」と思い一線は退いたが、現在も地域の様々な要職を兼任する。「色々なことを両立するには努力が必要。夢を持ち続けて、諦めずにコツコツと努力をすれば叶います」。その目の輝きには説得力があった。

大和版の人物風土記最新6

大木 英広さん

交通栄誉章「緑十字銀賞」の優良運転者として表彰を受けた

大木 英広さん

市内在住 57歳

2月19日号

遅沢 秀広さん

公所自治会の会長でオンライン講座を企画した

遅沢 秀広さん コミュニティ

下鶴間在住 74歳

2月12日号

小松 寛和さん

生まれ故郷の長野県諏訪地方の方言を冊子にまとめた

小松 寛和さん

下鶴間在住 92歳

2月5日号

マニング モンタネさん

米海軍厚木航空施設司令官に就任した

マニング モンタネさん

1月15日号

高城 純一さん

2021年やまと成人式で実行委員長を務める

高城 純一さん

大和中学校出身 20歳

1月8日号

渥美 秀樹さん

一般社団法人大和青年会議所の2021年度理事長に就任した

渥美 秀樹さん

38歳

1月1日号

お葬式から樹木葬まで

地域で30年以上。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク