大和版 掲載号:2018年10月5日号 エリアトップへ

元台湾少年工 75周年 最後の歓迎大会 10月20日 シリウスなどで

社会

掲載号:2018年10月5日号

  • LINE
  • hatena
8月に県庁で記者会見を行った石川実行委員長(右)と橋本理吉事務局長
8月に県庁で記者会見を行った石川実行委員長(右)と橋本理吉事務局長

 大戦末期、「高座海軍工廠」(現在の座間市など)での新鋭戦闘機「雷電」製造のために台湾の少年が来日してから今年で75周年。これを記念し、10月20日(土)に歓迎大会(会長・甘利明衆院議員)が行われる。これまで長く交流が続いてきたが、元少年工の高齢化により、大会は今回で最後。

 台湾少年工は「日本で航空機を造りつつ勉強すれば旧制中学卒業資格が得られる」という条件で、優秀な若者約8400人が来日。しかし実際は過酷な環境での労働で、爆撃で犠牲者も出た。

 大会の実行委員長を務める石川公弘さんは、父が上草柳にあった少年工の寄宿舎の舎監をしていたことから生活を共にした。石川さんは「今でも大和を『第二の故郷』として偲んでくれている。この歴史を忘れてはならない」と話した。

 20日は午前10時30分から座間市芹沢公園で顕彰碑の除幕式を行い、午後1時30分からはシリウスで式典を開催。(問)【電話】046・261・7501

少年工が暮らした上草柳の寄宿舎(石川公弘さん提供)
少年工が暮らした上草柳の寄宿舎(石川公弘さん提供)

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

議長に中村一夫氏

議長に中村一夫氏 政治

大和市議会

5月20日号

園児が感謝の親子交流

園児が感謝の親子交流 教育

松原学園幼稚園

5月20日号

ソプラノソロコンサート

ソプラノソロコンサート 文化

大和ウィーンホール

5月20日号

大和釣友会が70年越える

沖釣りサークルの老舗

大和釣友会が70年越える

5月20日号

プロの技を無料で伝授

プロの技を無料で伝授 文化

美と健康のワークショップ

5月20日号

商議所女性会がコンポスト寄贈

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook