大和版 掲載号:2018年10月19日号
  • LINE
  • hatena

大和市防火安全協会の会長を務める 島田 正由さん 茅ヶ崎市在住 58歳

「地域のため」が自分のため

 ○…市内137事業所が加盟する同協会。事業所の防火・防災技術の向上や災害時の行動力の育成を目的に、年に1度、消火技術大会を開催している。日本各地で、自然災害の報道が後を絶たない時代だからこそ、「大和市内での災害を少しでも減らせるように」と会長として奔走する毎日だ。

 ○…自身の勤める日本飛行機(株)では、安全環境を担当する。防火安全協会に関わるようになったのもそこから。現在は会社を代表し、「やまとの環境をよくする会」や「防火管理協会」の会長など多くの役職を担っている。「数が多すぎて分からなくなる」と冗談を飛ばしながらも「やるからには1つ1つを大切に。地域のための活動でも、最後には必ず、経験値として自分に返ってくるから」と強い意志を覗かせる。

 ○…ラジコン作りやプラモデル作りが好きだった少年時代。小6の時には自作のモーターつき飛行機を手に、大勢の大人に交じって競技会に出場。4位に入賞した経験もある。飛行機への愛は、今でも相変わらず。特に、会社から見える厚木基地にとまった飛行機と、その後ろにそびえ立つ富士山の姿は圧巻だと目を輝かせ、「あの景色を見られるのは、私たちの特権かもね」と悪戯っぽい笑顔をみせた。

 ○…中学生のとき、当時夢中になっていた映画音楽を、同級生がギターで弾いてくれた。「お前にも弾けると思うよ」の言葉を励みに、ギターの世界にのめり込んだ。高校生になる頃には、作詞・作曲も手がけるほどに。今でも、旧友とバンドを組んで、多いときには年に5〜6回ステージに上がっている。公民館の音楽祭や、視覚障害をもつ子どもたちへのライブなど、活躍の幅は多岐にわたる。「忙しくても、合間を縫って続けていきたい」と目尻を下げた。

大和版の人物風土記最新6件

大家 梨緒さん

2018プレナスチャレンジリーグの新人賞に輝いた

大家 梨緒さん

12月7日号

井上 修身さん

30周年を迎えた朝霧市の出店者組合長を務める

井上 修身さん

11月30日号

吉田 秀幸さん

切り絵工房「やまと」の代表で、ひょうたんランプを制作する

吉田 秀幸さん

11月23日号

原 宣幸さん

黄綬褒章を受章した

原 宣幸さん

11月16日号

藤野 克己(かつよし)さん

NPO法人日本点字普及協会の理事長を務める

藤野 克己(かつよし)さん

11月9日号

近藤 勝三郎さん

バリアフリーダイビング推進委員会の代表を務める

近藤 勝三郎さん

11月2日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 10月26日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

西北自治会60周年大会

西北自治会60周年大会

変面ショーや阿波踊りも 12月15日シリウス

12月15日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク