大和版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

台湾少年工来日75周年記念大会 「故郷」の絆 後世へ 芹沢公園(座間)に顕彰碑

社会

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena
顕彰碑の前で固い握手を交わす、石川公弘さん(左)と李雪峰さん。顕彰碑には、石川さんらが創作した3つの句が記されている=芹沢公園(座間市栗原)
顕彰碑の前で固い握手を交わす、石川公弘さん(左)と李雪峰さん。顕彰碑には、石川さんらが創作した3つの句が記されている=芹沢公園(座間市栗原)

 大戦末期、高座海軍工廠(現在の座間市など)で戦闘機の製造に従事した台湾少年工の来日75周年を記念する大会が20日、シリウスで元少年工22人を招き開催された。元少年工の高齢化により、大規模な大会は今回で最後とみられる。

 台湾少年工は、日本で戦闘機を製造しながら旧制工業中学の卒業資格や航空機技師を目指す条件のもと、試験に合格した14〜15歳の少年で、終戦までに約8400人が来日。厚木飛行場(当時)に供給する『雷電』の製造に従事した。しかし戦況は次第に悪化し、爆撃による死者も出た。

 地元民は過酷な環境下で熱心に働く少年工を見て、食料を与えたり衣服を繕ったりと優しくもてなした。少年工は終戦後もその恩が忘れられず、戒厳令解除を機に同窓組織「台湾高座会」を結成し、大和を『第二の故郷』として交流を開始。1997年には来日50周年を記念し、爆撃があった場所(ふれあいの森)に台湾亭を建て市に寄贈した。

 今回は大会前に、地下工場があった芹沢公園で顕彰碑の除幕式を実施。シリウスの大会では甘利明大会会長が元少年工に感謝状を贈った=左写真。

 父が上草柳の寄宿舎の舎監だった石川公弘実行委員長(84)は「元少年工の方は、地元民の恩を忘れずにいる。現在大和に住む人も歴史を忘れてはならない」と話した。

 「台湾高座会」の李雪峰会長(92)は「高齢化が進み90歳前後になるが、次世代による青年部が結成された。『第二の故郷』との絆は今後も切れません」と力強く語った。

大和版のトップニュース最新6

県内で唯一入賞

赤羽深鳥(みどり)さん(緑野小2)

県内で唯一入賞 教育

自然科学観察コンクール

1月21日号

卓球の天皇杯に出場

大武篤史君(中学3年)

卓球の天皇杯に出場 スポーツ

1回戦は高校生と対戦

1月14日号

厚木基地に情報提供要望

大木市長

厚木基地に情報提供要望 社会

新型コロナ感染急拡大受け

1月14日号

企業「影響ある」約8割

原油高騰・半導体不足

企業「影響ある」約8割 経済

商議所が会員アンケート

1月7日号

2176人が新成人

1月10日成人式

2176人が新成人 社会

密を避け3部制で祝う

1月7日号

柔軟に対応「大和モデル」

柔軟に対応「大和モデル」 社会

大木哲市長 新春インタビュー

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook