大和版 掲載号:2018年11月2日号 エリアトップへ

バリアフリーダイビング推進委員会の代表を務める 近藤 勝三郎さん 上和田在住 73歳

掲載号:2018年11月2日号

  • LINE
  • hatena

障害者にとってのマイヨール

 ○…障害者にダイビングの魅力を伝えて間もなく30年。インストラクターやボランティアなど定期的にサポートしてくれるメンバーも増え、「よくここまできた」と感慨深げに微笑む。ただ、スポーツに限らず「日本の障害者対応は遅れている」と苦言を呈する。海外のように「いずれは障害者一人でも潜りに行ける環境ができれば」。そんな未来の礎を築くため、奮闘の日々はまだまだ続く。

 ○…終戦直前の生まれ。実家は京都。東京で育ち、親の転勤で中学の途中に小田原から大和へ。釣好きの父親と一緒に「ずっと海にいた」という幼少時代。進駐軍が潜っているのを見て「潜ってみたいな」と憧れを抱き続けた。東海大学を卒業してすぐにダイビングにのめりこむ。真鶴、房総、伊豆など時間を見つけてはダイビングスポットを巡った。「海は偉大。誰でも平等に受け入れてくれる。だから怖がらず、そして侮らず」と海の魅力を熱く語る。ダイバーの憧れ、故ジャック・マイヨール氏と一緒にダイビングをしたのも良い思い出だ。

 ○…大学時代は応援団に所属。当時の先輩や同級生は、今や大学の常務理事や監事を務めているという。障害者が練習するプールも「お前がやるなら」と二つ返事で協力してもらっている。

 ○…俳優の近藤正臣さんを思わせる佇まい。痩身で筋肉質に見える身体。今でも鍛錬に勤しんでいるのかと思いきや、普段の運動といえば境川周辺のウォーキング程度。「もう気力だけですよ」と苦笑。ダイビング同様、学生時代から好きなのがバイク。今でも重さ270kg、1200ccのハーレーを駆る。肌で感じる空気や匂いは「バイクでないとわからない」そうで、箱根まで走り、居眠りして海を見て帰ってくる、そんな自然と触れ合う時間が至福の時だ。

<PR>

大和版の人物風土記最新6

佐藤 宏拓穣(ひろし)さん

全国教職員剣道大会で県代表として副将を務める

佐藤 宏拓穣(ひろし)さん

柏木学園高等学校教諭 47歳

5月20日号

岩崎 紀江(としえ)さん

大和市消防本部で初の女性課長となった

岩崎 紀江(としえ)さん

深見西在勤 50歳

5月13日号

亦部(またべ) 隆子さん

市民サークル「工作・折り紙おりひめ」の代表として伝統文化の普及に努める

亦部(またべ) 隆子さん

林間在住 70歳

5月6日号

戸ヶ崎 正次さん

市民劇団「演劇やまと塾」の代表として演劇の普及に努める

戸ヶ崎 正次さん

下鶴間在住 68歳

4月29日号

秋葉 勝好さん

深見歴史の森トコロジストの代表として活動する

秋葉 勝好さん

西鶴間在住 77歳

4月22日号

鈴木 真吾さん

大和市イベント観光協会の事務局長に就任した

鈴木 真吾さん

上和田在住 60歳

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook