大和版 掲載号:2018年11月2日号 エリアトップへ

海は何時でもバリアフリー 障害者にダイビングを教える近藤勝三郎さん

社会

掲載号:2018年11月2日号

  • LINE
  • hatena
江之浦漁港でのダイビングの様子
江之浦漁港でのダイビングの様子

 小田原の江之浦漁港で10月21日、13人の障害者がダイビングを楽しんだ。参加した障害者は、市内上和田在住で元東海大学体育学部講師の近藤勝三郎さん(73=関連に人物風土記)が立ち上げた「東海ドリーマースクーバダイビングクラブ」の会員だ。

 東海大学を卒業後、ダイビングを始めた近藤さんは、多い時には1年で120本も潜る程、海中の世界に魅せられた。

 母校に勤務していた時、生まれつきの骨形成不全症で車いす生活を余儀なくされていた後輩に、「やってみない?」と誘ったのが障害者にダイビングを教えるきっかけとなった。28年前のことだ。

 身体が思い通りに動かせない障害者にとって水の中に入る恐怖は計り知れない。一人では風呂にすら入ることもできなかった男性に、近藤さんは酸素タンクを背負わせ、プールの中を転がすなど、1年かけて指導、見事海へと誘(いざな)った。以来、月1回大学のプールでの練習と年に1、2回の江之浦でのダイビングを実施。「東海ドリーマー〜」、バリアフリーダイビング推進委員会などを結成し、同大の卒業生などがボランティアスタッフとして登録している。

 近藤さんは障害者一人ひとりの症状を細かく観察。潜る時に使うウエイトのつけ方や位置まで細心の注意を払う。また海の魅力を説き、透明度の高い南の島でのダイビングを目標に掲げる。時には憎まれ口を叩くこともあるが、密なコミュニケーションで「厳しいことを言っても大丈夫なつながり」を作っている。

 なおバリアフリーダイビングに関する問合せは東海ドリーマー・牧野裕二さん【電話】042・758・1953。

視覚障害者はガイドロープを持ってダイビング
視覚障害者はガイドロープを持ってダイビング

<PR>

大和版のトップニュース最新6

奉仕と平和を目指し60年

大和RC

奉仕と平和を目指し60年 社会

市民活動推進者に助成金

5月20日号

見えた2強の背中

大和高女子サッカー部

見えた2強の背中 スポーツ

県総合体育大会で3位

5月20日号

読書で文科大臣表彰

下福田中

読書で文科大臣表彰 教育

学校一体の取組が評価

5月13日号

補助金でSDGs啓発

大和YEG

補助金でSDGs啓発 社会

講演や動画で気運醸成

5月13日号

今年もオンライン配信

大和市民まつり

今年もオンライン配信 文化

「少しでも本物の臨場感を」

5月6日号

太極拳の会場に

ねんりんピックかながわ2022

太極拳の会場に スポーツ

県代表に地元チーム出場

5月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook