大和版 掲載号:2018年11月30日号 エリアトップへ

市民も「大学」講師に 市が新しい学びの場整備

教育

掲載号:2018年11月30日号

  • LINE
  • hatena

 大和市はこれまでのやまと市民大学・のぎく大学などを改編し、来年4月から「健康都市大学」としてスタートさせる。

 設置学部は3つ。1つは、市民が講師となり、自身の経験談や知識などを伝える「市民でつくる健康学部」。受講するだけでなく教える側にも立つことで、市民相互の学び合いや交流をめざす。

 残る2つは、スポーツや文学、子育てなど、市民生活の充実をめざす「人の健康学部」と、地域とのつながりに重きを置いた「まちと社会の健康学部」。市の部署や外郭団体などが実施する専門家による市民向け講座を、内容ごとに振り分ける。

 受講生は年間の取得ポイントに応じて、修了証を受け取ることができる。

 現在、市民講師の募集が行われている。詳細は、市図書・学び交流課【電話】046・259・6104。

大和版のトップニュース最新6

県内で唯一入賞

赤羽深鳥(みどり)さん(緑野小2)

県内で唯一入賞 教育

自然科学観察コンクール

1月21日号

卓球の天皇杯に出場

大武篤史君(中学3年)

卓球の天皇杯に出場 スポーツ

1回戦は高校生と対戦

1月14日号

厚木基地に情報提供要望

大木市長

厚木基地に情報提供要望 社会

新型コロナ感染急拡大受け

1月14日号

企業「影響ある」約8割

原油高騰・半導体不足

企業「影響ある」約8割 経済

商議所が会員アンケート

1月7日号

2176人が新成人

1月10日成人式

2176人が新成人 社会

密を避け3部制で祝う

1月7日号

柔軟に対応「大和モデル」

柔軟に対応「大和モデル」 社会

大木哲市長 新春インタビュー

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook