大和版 掲載号:2018年12月7日号
  • LINE
  • hatena

田園RC 医・食・知で渡す命の架け橋 ミャンマー支援の名知さん講演

社会

会の活動を紹介する名知さん
会の活動を紹介する名知さん
 大和田園ロータリークラブ(古木明夫会長)は11月30日、医師でNPO法人ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)代表の名知仁子さんを講師に招き、同会の活動やミャンマーの現状について話を聞いた。

 マザー・テレサの言葉「あなたの愛を誰かに与えれば、それはあなたを豊かにする」に感銘を受けた名知さんは、自らの使命として国際医療を志願。国境なき医師団などでも活動を続けた。

 多くの人が不衛生な環境下で生活するミャンマーでの活動を通じ、「医療だけでは命を救えない」ことを痛感。ミャンマーに軸足を置いた支援を決意し、MFCGを設立する。巡回診療などの医療に加え、手洗いや歯磨きなどの保健衛生指導、栄養不良や偏食を改善するための家庭菜園支援をすることで、「ミャンマーの自立と未来につなぐ、命の架け橋になれれば」と活動の意義を語った。

 講演終了後、古木会長は「本日の講演をきっかけに、クラブで何ができるか模索したい」と支援の可能性を示した。

 MFCGの連絡先は【電話】03・6807・7499。

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 10月26日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

西北自治会60周年大会

西北自治会60周年大会

変面ショーや阿波踊りも 12月15日シリウス

12月15日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク