大和版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

県トラック協会・県央 活動通じ安全運転を再確認 交通遺児基金に寄付

経済

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena
クリーンアップキャンペーンの様子
クリーンアップキャンペーンの様子

 一般社団法人神奈川県トラック協会県央サービスセンター(新村千成理事)は12月7日、大和市社会福祉協議会交通遺児基金に31800円を寄付した。

 これは11月10・11日に開催された「やまと産業フェア2018」で行った「チョロQゲーム」(参加費1回100円)の収益金。寄付は2003年度から毎年行っており、今回が16回目。市社協の高橋会長は「厳しい景気の中、継続して寄付をしていただき大変感謝しております」と謝辞を述べ、感謝状を手渡した。

PR兼ねたおもてなし

 同センターは、道路利用のマナー向上とトラック業界のPRとして、産業フェアの当日、会場となる大和商工会議所周辺ややまと公園沿いの道路上のごみを拾う「地域クリーンキャンペーン」を毎年行っている。今年は両日合わせて延べ44人がキャンペーンに参加した。

 同センターは、大和を含む県央地区の運送業者が加盟しており、交通遺児への募金やアイドリングストップ運動等の地域貢献や環境保全運動などを行っている。新村理事は「仕事場でもある大切な道路をきれいにするのは当然の役目で、冬場は落ち葉によるスリップ事故防止にもなる。今後もこうした社会貢献を続けていきたい」と語った。

新村理事(右)と社協・高橋会長
新村理事(右)と社協・高橋会長

相鉄線「さがみ野駅」徒歩10分

墓石撤去不要墓を新設。樹木葬墓、動物墓も。

http://www.ji-n.net/search/jiin_detail.cgi?id=366

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

「自助があっての共助」

「自助があっての共助」 社会

 市内で大地震想定 中林氏が解説

3月5日号

「共生」テーマに、文化比較

「共生」テーマに、文化比較 教育

渋小5年生が成果披露

3月5日号

中学校区別で3部制に

2021やまと成人式

中学校区別で3部制に 教育

3月5日号

反射材で事故防止

反射材で事故防止 社会

エイビイで交通安全キャンペーン

3月5日号

自治会館から講座配信

自治会館から講座配信 社会

チャット機能で質問も

2月26日号

成人式をプレゼント

成人式をプレゼント 社会

美容組合大和支部

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク