大和版 掲載号:2019年1月18日号
  • LINE
  • hatena

縁をつなぐ「砂イルカ」 下鶴間の草薙徹さん

社会

この日は日没までに3頭のイルカを製作した草薙さん=13日・片瀬西浜で
この日は日没までに3頭のイルカを製作した草薙さん=13日・片瀬西浜で
 藤沢・片瀬西浜の砂浜から愛くるしい顔を出すイルカたち。市内下鶴間で看板製作業を営む草薙徹さん(57)が手とスコップだけで作りあげたサンドアートだ。

 きっかけは10数年前。家族旅行で訪れた伊豆で台風に見舞われ「やることがないから」と砂浜で作り始めたのが始まり。4年ほど前からは毎週末、西浜まで出かけ、砂イルカを作るようになった。「最初は1人で作っていて恥ずかしかった」とはにかむ草薙さん。作品を作り続けるうち活動に共感する仲間が少しずつ増えていった。「いつも誰かしら応援に来てくれる。砂イルカが縁をつないでくれた」と喜ぶ。

 「リアルさを意識」した作品は1体に1時間半ほどかかる。日没間際には、完成したイルカを写真に収めようと多くの人が次々と訪れていた。

 草薙さんの作品はツイッター「江ノ島イルカ部」やインスタグラム「サンドドルフィン」で見ることができる。

2頭の間を夕日が沈む
2頭の間を夕日が沈む

大和版のトップニュース最新6件

2/24家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月1日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

時代を彩った名曲たち

5組10人招待

時代を彩った名曲たち

3月10日 ウィーンホール

3月10日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク