大和版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

健康都市大学開講2か月、50人超登壇 市民講師が毎日講義

社会

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena
講座の様子
講座の様子

 「70歳代を高齢者とよばない」宣言をした大和市が今年4月から始めた「健康都市大学」事業の「市民でつくる健康学部」で”市民講師”が活躍している。

学び通し交流・居場所も創出

 「健康都市大学」は、3つの「健康学部」から成り、市の各部署や外郭団体の市民向け講座など、既存の講座を「人の健康学部」「まちと社会の健康学部」と体系化。一方で、市民が受講生として講義を受講し学ぶだけでなく、自らのスキルや知識、経験をもとに講師となる「市民でつくる健康学部」を新設、”宣言”の年代を中心に新たな生涯学習の場を創出している。

 市民講師は、市が事前公募した他、市内の学習センターの登録活動団体に向けPRを行うなどして募った。講師の登録は6月19日現在72人で、60〜70代が多い。最高齢は広田志げるさんの85歳。

 講義はシリウス4階の健康テラスで、4月10日の開講以来、毎日開催されている。講義は1回50分。テーマは自由で、歴史や健康をテーマにしたものからスポーツやパソコン、英語、踊りなど講師の趣味や経験談を披露するものなど様々。第1回の講師を務めた山田俊明さんのテーマはワイン、これまでで最多の65人の受講生を集めた鮫島勉さんのテーマは、自らが踏破した東海道五十三次の話だった。

 講師は随時募集しており、事前に事務局(図書・学び交流課)のレクチャーを受け、日程を調整。6月も新たに8人が”講師デビュー”を果たす。

 問合せは図書・学び交流課【電話】046・259・6104。

大和版のトップニュース最新6

市内で早くも学級閉鎖

インフルエンザ

市内で早くも学級閉鎖 社会

昨季より2か月早く

10月11日号

「市民の台所」へ 食品充実

スーパー開店

「市民の台所」へ 食品充実 社会

11日ローゼン、12日イオンスタイル

10月11日号

南房総、食べて応援

10月5・6日大和駅前

南房総、食べて応援 社会

全国の「うまいもの」集結

10月4日号

14歳が「髪を切る」理由

タウンレポート

14歳が「髪を切る」理由 社会

知って「ヘアドネ」

10月4日号

10・1から集中販売

プレミアム付商品券

10・1から集中販売 経済

市内4カ所で6日まで

9月27日号

市内ゆかりの選手が出場

市内ゆかりの選手が出場 スポーツ

あす開幕、茨城国体

9月27日号

中高年のひきこもり支援

大和市

中高年のひきこもり支援 社会

10月から 専用ダイヤルも

9月20日号

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

巨匠の思い出語る

巨匠の思い出語る

10月16日 シリウスで美術講演会

10月16日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク