大和版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

大和市民農園運営委員会の会長を務める 中島 稔碩(としひろ)さん 南林間在住 83歳

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena

「生涯現役」を地で行く

 ○…夏はトマト、秋はさつまいも、冬は白菜…。市を通して借り受けた農地を20平方メートルずつ分け、その区画内で自ら好きな野菜を育てる市民農園。利用者で構成される運営委員会のトップを10年以上務める。委員会では初心者でも美味しく作れるよう講習会を企画し、利用者が抱える悩みにも答える。「利用者主体は責任が伴うが枠に縛られない運営ができる。初心者でもサポートがあるので問題ありませんよ」と胸を張る。

 ○…会長として目指すのは、単に土いじりをして収穫するだけでなく、利用者同士の交流も実りあるものにすること。同じ農園で過酷な気象条件をも共にする「ご近所さん」は、顔見知りというより「同志」。「いま私の隣はバングラデシュの方で、日本では見ない栽培の仕方を学べる。まさか国際交流もできるとは」と笑顔。仕事をリタイアした高齢者の新たな生きがいの場としても人気だという。

 ○…自身も市民農園に足を踏み入れたのは退職後。それまでは仕事一筋で、航空機からごみ収集車まで扱う大手輸送機器メーカーで品質管理に勤しんだ。「質を保ちつつコスト削減」という難題に対して、細かな工程を一つひとつ洗い出し解決の糸口を見つけるサイクルは、農作業にも生きている。「効率よく良い野菜を作るには、土や品種まで細かく考えないといけない。失敗も多いが、そこが楽しい」

 ○…年齢を感じさせないピンと伸びた背筋、快活な語り口。今でも「働いていないと生きている気がしない」と週3日ガソリンスタンドで勤務する。「大和市は70歳代を高齢者とは言わないが、80代の私でもまだまだ。これまでの役職やプライドにしがみつかなければ、必要とされる限り生涯現役ですよ」と少年のように高らかに笑った。

大和版の人物風土記最新6

神谷 貴博さん

湘南梨品評会で県知事賞を受賞した

神谷 貴博さん

上和田在住 39歳

9月13日号

田中 かおりさん

家族の介護「ごきげんカンパニー」の代表を務める

田中 かおりさん

中央林間在勤 46歳

9月6日号

世良 マリカさん

ミス・ワールド2019日本大会でグランプリに輝いた

世良 マリカさん

市内出身 16歳

8月30日号

羽賀 哲さん

相模獣医師会の会長を務める

羽賀 哲さん

オアシス動物病院(上草柳)院長 56歳

8月23日号

橋本 吉宣(よしのぶ)さん

日台高座友の会の設立に取り組む

橋本 吉宣(よしのぶ)さん

市内深見 橋本電気工事社長 48歳

8月16日号

伊坂 重憲さん

神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

市内渋谷 (株)ヤマシゲ・エンタープライズ代表 69歳

8月9日号

福島 剛さん

初の著書『洒落に魅かれて』を出版した

福島 剛さん

福田在住 79歳

7月5日号

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森田良平コンサート

森田良平コンサート

9月23日 ウィーンホール

9月23日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク