大和版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

初の著書『洒落に魅かれて』を出版した 福島 剛さん 福田在住 79歳

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena

「洒落」が光る世に

 ○…「最近ニュースをにぎわす政治家の失言や『パワハラ』は、どちらも当人の言葉の貧しさが根底にある。現代人は悲しいくらいに余裕がないんですよ」と開口一番、肩を落とした。国語教育に携わった経験を生かして、言葉に対する募る思いを形にするため、初の書籍を今年4月に出版。古今集から江戸小噺まで、日本に根付く「ユーモア」の系譜を辿り、現代日本人には「洒落」こそ必要だと論じている。

 ○…生まれ育ちは綾瀬。小学5年生で教員を志したのも、厚木高校で本が好きになったのも、東京教育大学で古典の面白さに気付いたのも、全て熱心な先生に強く影響を受けたから。「自分も子どもに良い影響を与えたい」と茅ヶ崎と綾瀬の中学校で教鞭をとり、綾瀬市の教育長も7年務めた。現役時代の人気ぶりは、今回の本出版を記念して初めての教え子たちが祝賀会を企画してくれたことからもうかがえる。

 ○…退職後、源氏物語に心を奪われて21回も読んだことが自慢。読めば読むほど伝わる紫式部の言葉に対する執念に突き動かされるように、自身の解釈を綴る長文のブログ『源氏物語便り』の更新は700回を超えた。ほかにも、70株ほどの野草栽培や、国内旅行もライフワーク。「多趣味なので、長い休みがとりやすい教師は良い職業だった」と冗談めかして笑う。

 ○…すでに次回作も構想中で、テーマはもちろん「洒落」。「『笑点』を見ていても自己卑下や悪口が目についてつまらなくなったと感じるので、分析して論じたい。昔は気の利いた洒落が多かったと思う」とキッパリ。かくいう自分も洒落の利いたことを普段から言っているつもりだが、「駄」洒落になってしまい…。「妻にも孫にも、『また言っているよ』と相手にされません」と苦笑いした。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp/lp/yokohama.html

<PR>

大和版の人物風土記最新6

高野 勝廣さん

第32回大和市生涯学習センターまつりの実行委員長を務める

高野 勝廣さん

福田在住 75歳

2月14日号

広田 志げるさん

健康都市大学講師の最年長で礼法を伝える

広田 志げるさん

市内深見在住 92歳

2月7日号

長谷川 幸雄さん

大和ジュニアソフトテニスクラブで長年指導した

長谷川 幸雄さん

市内中央林間在住 75歳

1月31日号

五味 尚生(ひさお)さん

引地川の清掃活動を続ける「引地川水とみどりの会」の事務局長を務める ゴミといつまでも

五味 尚生(ひさお)さん

草柳在住 55歳

1月24日号

小島 啓義(ひろよし) さん

今年度の神奈川県優良小規模企業者表彰を受けた

小島 啓義(ひろよし) さん

下鶴間在住 42歳

1月17日号

三ツ木 眞知子さん

令和元年度の神奈川県体育功労者賞を受賞した

三ツ木 眞知子さん

つきみ野在住 73歳

1月10日号

北島 隆太郎さん

1月1日付で、大和青年会議所の2020年度理事長に就任した

北島 隆太郎さん

つきみ野在住 38歳

1月1日号

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク