大和版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

日台の絆 次世代へ 高座会青年部が初表敬

社会

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
大木市長と台湾高座会青年部ら
大木市長と台湾高座会青年部ら

 大戦末期、高座海軍工廠(現在の座間、海老名)で戦闘機の製造に従事した台湾少年工による同窓組織「台湾高座会」(李雪峰会長)の会員2世などによって発足した青年部が7月9日、結成後初めて大和市長を表敬訪問した。

 1987年に結成した台湾高座会は、現在の大和市上草柳に寄宿舎があったことから、「第二のふるさと」として交流を続けてきた。しかし、会員の年齢が90歳前後となり、高齢化が進行。元少年工を招く歓迎大会も、昨年10月にシリウスで開催した75周年記念大会が最後とみられている。

 歴史を忘れることなく後世へと伝えるため、2015年に同会の二世、三世によって台湾高座会青年部(呉楷銘会長)を結成。また今年4月には、趣旨に賛同する約40人で台湾高座友の会(何敏豪会長)が結成され、青年部と活動を開始している。

 今回の表敬訪問には、台湾高座会の何春樹副会長や、何敏豪氏ら26人が参加。何敏豪氏は「交流活動を二世・三世へと引き継いでいくことが青年部の目的。一層の交流に努めます」とあいさつし、大木哲市長と懇談した。

 同日、青年部ら26人は座間市芹沢公園にある地下壕や顕彰碑も訪問。何敏豪氏は「地下壕で航空機を製造していたことに驚いた。深く感動した」と感想を述べた。
 

大和版のトップニュース最新6

「いもだんご」は平和の味

「いもだんご」は平和の味 社会

反戦の思い次代に――平原久子さん

10月18日号

令和の新風物詩に

大和JC

令和の新風物詩に 文化

26日(土)、一夜限りのイルミイベント

10月18日号

市内で早くも学級閉鎖

インフルエンザ

市内で早くも学級閉鎖 社会

昨季より2か月早く

10月11日号

「市民の台所」へ 食品充実

スーパー開店

「市民の台所」へ 食品充実 社会

11日ローゼン、12日イオンスタイル

10月11日号

南房総、食べて応援

10月5・6日大和駅前

南房総、食べて応援 社会

全国の「うまいもの」集結

10月4日号

14歳が「髪を切る」理由

タウンレポート

14歳が「髪を切る」理由 社会

知って「ヘアドネ」

10月4日号

市内ゆかりの選手が出場

市内ゆかりの選手が出場 スポーツ

あす開幕、茨城国体

9月27日号

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp/lp/yokohama.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

読者プレゼント

読者プレゼント

室内楽コンサート

11月4日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク