大和版 掲載号:2019年8月16日号 エリアトップへ

市消防団第1分団 重圧はねのけ2冠達成 市消防操法大会で初V

社会

掲載号:2019年8月16日号

  • LINE
  • hatena
1分団と1位をかけてポーズをとる第1分団のメンバー
1分団と1位をかけてポーズをとる第1分団のメンバー

 第16回大和市消防操法大会が8月4日、市内上和田の大興物産(株)横浜支店横浜機材センターで行われ、第1分団が最優秀賞に輝いた。第1分団の市大会最優秀賞は初。

 大会は隔年で行われているもので、小型ポンプに3本の二重巻きホースを1本に延長し、火点である的を倒し、技術の正確さと操作タイムを競う。市内の12分団が参加し、日ごろの練習の成果を競い合った。

 第1分団は、昨年7月に開催された第51回神奈川県消防操法大会で、市内の消防団として49年ぶりの最優秀賞を受賞しており、県・市の2冠の期待がかかっていた。

 1分団は、県大会で2番員を務めた石井洋佑さんを指揮者に据えつつ、1〜3番員を県大会と総入れ替えの新しい布陣で臨んだ。

 石井さんは「勝って当然と思われる中、練習の成果が出て、ほっとした」と安堵の笑みを浮かべた。

 1番員の佐野力さんは、県大会の優勝メンバーに指導してもらい「プレッシャーは大きかったが、良い所を吸収出来た」と指導に感謝した。

 市内消防団の中で最年少、19歳の上萬真幸さんは5月に入団したばかり。だが、若さと走力を期待され、2番員を任された。将来消防職員を目指しており「個人でも賞を取りたかった」と悔しさをにじませた。

 上萬さんと同じ5月に入団した22歳の塩路将大さんも将来消防士を目指している。個人賞も取れ「嬉しい」と笑顔。消防団の活動については「規律や態度等が学べて勉強になる」と意義を語った。

 最優秀賞以外の受賞団・者は以下の通り(敬称略)。優秀賞/第7分団、優良賞/第10分団、消防火の丸会会長賞/第1分団、努力賞/第2分団、個人賞/指揮者・石井洋佑、1番員・佐野力、2番員・下田光秀(第8分団)、3番員・塩路将大

第1分団の放水の様子
第1分団の放水の様子

残暑お見舞い申し上げます

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

大学ラグビー公式戦初開催

W杯直前

大学ラグビー公式戦初開催 スポーツ

14日、帝京大対青学大 観戦無料

9月13日号

100歳以上は91人

もうすぐ敬老の日

100歳以上は91人 社会

最高齢は110歳の勝田さん

9月13日号

「子ども見守り隊」発足

「子ども見守り隊」発足 社会

横の連携で安全強化

9月6日号

大和地区再開発が完了

三機工業

大和地区再開発が完了 経済

プロダクトC(センター)で起動式

9月6日号

世良マリカさんに栄冠

ミス・ワールド日本大会

世良マリカさんに栄冠 社会

市内出身 史上最年少16歳

8月30日号

生徒会「サミット」初開催

市内9中学校

生徒会「サミット」初開催 教育

独自の活動をプレゼン

8月30日号

五感で楽しく学ぶ

五感で楽しく学ぶ 社会

24日、引地台公園で防災フェス

8月23日号

残暑お見舞い申し上げます

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森田良平コンサート

森田良平コンサート

9月23日 ウィーンホール

9月23日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク