大和版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

(PR)

いつまでも、大切な目を守りたい 眼科医に聞く「暗い場所での読書は、目が悪くなる?」

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
きめ細かな対応を心掛ける遠藤院長とスタッフ
きめ細かな対応を心掛ける遠藤院長とスタッフ

 人が持つ五感の中で重要な役割を果たす『視覚』。患者一人ひとりに合った高度医療の提供を心掛ける、大和駅近くの「大和中央眼科」の遠藤真理子院長に、「目にまつわる話」を聞いた。

近視遠視あれこれ

 「近視遠視の度数は、水晶体の厚さと眼球の奥行(眼軸長)で決まります。生まれつきの個人差があり、普段、近くを見ている時はこの水晶体が厚く変化し、遠くを見る時は薄く元の厚さに戻ったりしてピントを調節しています。子どもの頃『暗いところで本を読むと目が悪くなる』と言われた経験があると思います。正確には『暗いところで読む=近くで読む』ことで、これは水晶体が長時間厚いままの状態を意味します。6〜12歳くらいで水晶体の厚みが固定されてきますので、この年代に近くで物を見る習慣がついてしまうと、近視のままの状態となります。10〜12歳でみんなが眼鏡をかけ始めるのはこのためです。中には小学生の頃近くで物を見ていても、スポーツなどで適度に遠くを見ていた子どもは近視が進まない例も珍しくありません。大人は年齢が進むにつれて水晶体の厚みを調整しづらくなります。今まで近視の方が、眼鏡やコンタクトを使って手元で見えていた物が見えづらくなる現象を『老眼』と言い、誰でも必ずなります。また、同時期に『白内障』や『緑内障』を発症する確率も高くなり、このような症状がある状態を『目が悪くなる』と言います。逆に近視や乱視により裸眼視力が悪くても矯正視力が出る状態は、眼科界では目が悪くなるとは言いません。少しでも目に違和感を感じたら、早めの受診をおすすめいたします」

「多焦点レンズをお考えの方へ」

 同院が力を入れる「多焦点レンズ」を用いた白内障治療は、遠視・近視・乱視・老眼治療が同時に完了する。3焦点で片目50万円、2焦点だと片目38万円だが、民間の医療保険の先進医療特約で賄えるという(保障内容は保険会社へ確認を)。しかし昨年12月、厚労省の中医協総会で同治療が先進医療から除外されることが決定した。「同特約が利用できなくなる前に、早めの相談を」と遠藤院長は話す。

大和中央眼科

大和市中央4-1-2近藤ビル5F

TEL:046-200-7113

http://yamato.fukokai.com/

大和版のピックアップ(PR)最新6

引越し不要で自宅を現金化

戸建てもマンションも

引越し不要で自宅を現金化

新サービス「住んだまま買い取り」が好評

1月15日号

通信教育で社会福祉士に

注目の「給付金制度」で国家資格取得 4月入学受講生募集

通信教育で社会福祉士に

茅ヶ崎リハビリテーション専門学校

1月8日号

大人から始めるバレエ

中央林間

大人から始めるバレエ

嬉しい親子割も

1月8日号

「日曜法話会」開催

妙法院

「日曜法話会」開催

仏教に親しむ

1月8日号

「認知症かな?」とおもったら

「認知症かな?」とおもったら

取材協力/たなかクリニック(相模大塚駅前)

1月1日号

「不動産に関する事で お困りはないですか」

「不動産に関する事で お困りはないですか」

宅建協会の無料相談が好評

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク