大和版 掲載号:2020年1月10日号 エリアトップへ

令和元年度の神奈川県体育功労者賞を受賞した 三ツ木 眞知子さん つきみ野在住 73歳

掲載号:2020年1月10日号

  • LINE
  • hatena

東洋の魔女に憧れて

 ○…「えー。何それ?って感じだった」。自らの受賞にあっけらかんと笑う。市バレーボール協会や県のママさんバレーボール連盟の要職を歴任、現在は顧問を務める。「文句を言いながらでも協力してくれたからやってこられた。皆さんのおかげね」と周囲への感謝が口をついた。

 ○…伊豆・下田の生まれ。4人きょうだいの紅一点。遊びに行くのはいつも兄たちと一緒。「女の子の遊びはあまりしなかったな」。運動神経が良く、足が速かった。「運動会が楽しかった。ノートや鉛筆など賞品もらえたりして」と当時を思い出し楽し気に笑う。中学に入って陸上競技を続けたが、長身を見込まれ、2年生の時にバレーボール部の助っ人を頼まれた。「あそこで誘われなければバレーはしてなかったかなぁ」

 ○…結婚後、しばらく横浜で暮らした後、大和へ。PTAのバレーボールが盛んな大和で初めて「ママさんバレー」に触れた。子どもの卒業後にママさんバレーチームを創設。全国大会出場の経験も持つ。以来35年間、各年代ごとの部で選手としてコートに立ち続け、昨秋には70歳以上の「なでしこの部」に加盟。新年度からの大会参加を目指し、仲間と月に1度の練習を続けている。「皆、あちこち身体が痛いのに、練習休まないの。若い頃は体調悪くても、バレーをすれば治った。今はなお悪くなるのにね」とこの日一番の笑顔を浮かべた。

 ○…前回の東京五輪は高校3年生で、伊豆を走った聖火ランナーの伴走者の一人として走った。金メダルを獲った「東洋の魔女」の選手たちが五輪後、全国を指導に回る姿にも憧れた。今回の五輪は「雰囲気を味わいたいと思って、チケット応募したけれど、外れちゃった」そうだ。

太ひでし事務所

大和市大和東3-7-11大和東共同ビル101号

https://futori.net/

<PR>

大和版の人物風土記最新6

安保 弘豊さん

中央林間で10月9日、10日に開く「運ちょこ祭り」の発起人を務める

安保 弘豊さん

中央林間在住 49歳

10月1日号

中村 健一さん

「私とティアンとイーサン食堂」を文芸社から出版した

中村 健一さん

南林間在住 57歳

9月24日号

川満 美和子さん

大和市倫理法人会の新会長に就任した

川満 美和子さん

南林間在住 51歳

9月10日号

青木 浩一(ひろかず)さん

神奈川県社会保険労務士会厚木支部の支部長に就任した

青木 浩一(ひろかず)さん

海老名市在勤 56歳

9月3日号

安部 正彦さん

神奈川県行政書士会大和・綾瀬支部の支部長に就任した

安部 正彦さん

西鶴間在住 47歳

8月27日号

久野 新一さん

(公社)全日本不動産協会神奈川県本部さがみ支部支部長に就任した

久野 新一さん

相模原市在住 58歳

8月20日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook