大和版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

高齢者守るためにタッグ 市・警察・市内介護事業者

社会

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena
ネットワーク設立宣言をする大木市長(右)と千葉警察署長
ネットワーク設立宣言をする大木市長(右)と千葉警察署長

 大和市は3月10日、大和警察署と市内の介護事業者とともに「やまと高齢者あんしんネットワーク」を設立した。

 高齢者に対する振り込め詐欺などの特殊詐欺や、交通事故、介護疲れによる虐待、認知症に伴う徘徊など、事件・事故を防ぐための情報共有が目的だ。ネットワークに加盟する介護事業者は49社。市、警察、介護事業者の3者が連携する取り組みは県内では初だという。

 同日、市役所で設立式が行われ、大木哲市長と千葉証警察署長、両副市長らが参加し設立宣言を行った。

介護事業者が協力

 介護事業者に依頼される具体的な活動内容は、特殊詐欺や交通事故の防止を呼びかけるチラシの配布、虐待や徘徊などを認知した場合の通報など。

 今後の取り組みでは、介護事業者が使用している車両へのステッカー掲出や、ホームページによる広報で周知をはかる。また、介護事業者が車両の使用台数に関わらず、安全運転に関する講話を受講できるようにするという。

 千葉署長は「市内に住む高齢者とその家族が安心して暮らせるよう、市と市内の介護保険事業者と連携していく」。大木市長は「市の人口は増加傾向にあり、今後、高齢化率も急激な進展が見込まれる。3者が連携することで徘徊や虐待を防止できれば」と話した。

大和版のローカルニュース最新6

市立病院寄付者一覧

7・8月

市立病院寄付者一覧 文化

9月25日号

走った距離を寄付

チャリティ・チャレンジ ダレ!ダレ!コクサイ

走った距離を寄付 文化

在日外国人の介護予防に

9月25日号

未来の先生お迎え

相和私立幼稚園協会

未来の先生お迎え 社会

3カ月遅れで開催

9月25日号

サンホーム鶴間に寄付

大和童謡の会

サンホーム鶴間に寄付 経済

9月25日号

身近なSDGsを体験

身近なSDGsを体験 社会

明日26日、渋谷学習センター集合

9月25日号

思いやり、譲り合いで事故防止

思いやり、譲り合いで事故防止 社会

30日まで秋の全国交通安全運動

9月25日号

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬をご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク