大和版 掲載号:2020年5月15日号 エリアトップへ

PCR検査 全国初 歯科医も協力 市、医師会と運営支援協定

社会

掲載号:2020年5月15日号

  • LINE
  • hatena
左から近藤歯科医師会会長、大木哲市長、小林医師会会長
左から近藤歯科医師会会長、大木哲市長、小林医師会会長

 大和綾瀬歯科医師会(近藤清志会長)は5月1日、大和市と大和市医師会(小林米幸会長)とPCR検査の運営支援に関する協定を締結した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴うPCR検査数の増加に備えたもの。歯科医師の協力を盛り込んだ協定は全国初。

 大和市は、大和市医師会の協力を得て、市庁舎敷地内に「大和ウォークスルーPCR検査プレイス」を設置。4月28日から、かかりつけ医から要検査の診断を受けた人を対象にPCR検査を行ってきた。

 協定は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、PCR検査数の増大に備えたもの。厚労省が4月27日に検査体制の整備が急務とし、特例かつ時限的措置として、歯科医師もPCR検査ができるよう通達したことを受け、大和市は大和市医師会と大和綾瀬歯科医師会と協議を開始。検査のための医師が足りなくなったときに備え、三者で協定を締結するに至った。

 現在「大和ウォークスルーPCR検査プレイス」は、月曜から土曜の夕方5時から7時に検査を実施。1つのブースで医師会の医師などが検体を採取している。今後、感染状況が拡大し、要検査者が増加した場合は、ブースを増設するなど検査体制の充実を図ることになるが、検査を行う医師等の確保が困難となった際、歯科医師がPCR検査を実施することで体制を確保する。

 歯科医師会の近藤会長によると、歯科医師が検査に当たる際は、大和市内の会員開業医から募り、事前に必要な研修を

受け、対応するという。近藤会長は「国からの通達を受け、協力しようと思っていた所、大木市長から声をかけてもらった。緊急事態宣言の延長で、感染拡大は収束するかもしれないが、第2波、3波に対応できる準備だけはしておく必要がある」と協定締結の意義を語った。

 なおPCR検査に関する問合せは、医療健診課 【電話】046・260・5661。

<PR>

大和版のトップニュース最新6

IT技術で弱者支援し20年

鳥原信一さん(西鶴間)

IT技術で弱者支援し20年 社会

HPにルビ振る機能を開発

1月28日号

公共トイレ増に協力求む

大和市

公共トイレ増に協力求む 社会

市内コンビニが対象

1月28日号

県内で唯一入賞

赤羽深鳥(みどり)さん(緑野小2)

県内で唯一入賞 教育

自然科学観察コンクール

1月21日号

卓球の天皇杯に出場

大武篤史君(中学3年)

卓球の天皇杯に出場 スポーツ

1回戦は高校生と対戦

1月14日号

厚木基地に情報提供要望

大木市長

厚木基地に情報提供要望 社会

新型コロナ感染急拡大受け

1月14日号

2176人が新成人

1月10日成人式

2176人が新成人 社会

密を避け3部制で祝う

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook