大和版 掲載号:2020年5月29日号 エリアトップへ

大和市 分散登校で学校再開 6月1日から段階的に

教育

掲載号:2020年5月29日号

  • LINE
  • hatena

 緊急事態宣言の全面解除を受け、大和市は週明けの6月1日(月)から市立小・中学校で分散登校を実施しながら、4段階に分けて再開していくと発表した。

 分散登校は小学校では6月1日(月)から8日(月)を1期、9日(火)から19日(金)を2期とし、1クラスの人数が10人程度になるよう地域を3つに分けた登校班で登校。1期は全員午前のみで、2期は5、6年生のみ午後の登校も設け登校回数を増やす。

 中学校は6月1日から4日(木)を1期、5日(金)から19日(金)を2期とし、1クラスの人数が20人程度になるよう2つに分ける。1期は午前のみ。2期は午前と午後に分けて毎日登校する。部活動は当面の間、実施しない。

 小・中学校ともに、22日(月)から30日(火)の3期から全校児童・生徒が午前のみ登校。7月1日(水)以降の4期から全日で平常授業を再開し、給食も開始する。

 また、休業に伴い減少した授業数を確保するため、夏休みは8月7日(金)から18日(火)までの12日間に短縮する。基礎疾患がある児童・生徒については、保護者などと相談の上、個別に対応する。

学習支援のプロジェクターを導入

 市は休業の遅れを取り戻す学習支援の一つとして、全市立中学校9校の3年生の普通教室に、計52台の電子黒板機能付きプロジェクターを整備する。パソコンの画面や資料をフルカラーで投影でき、効率的かつ効果的な授業の実施に役立てる。

 予算は約4850万円。6月1日開会の市議会第2回定例会で補正予算案に計上されている。

大和版のトップニュース最新6

ひとり親世帯に独自給付金

ひとり親世帯に独自給付金 社会

1世帯当たり2万円

7月3日号

第1は「難」を「避ける」

第1は「難」を「避ける」 社会

分散、「3密」回避念頭に

7月3日号

市独自給付金、締切を延期

県交付、大幅遅れ要因

市独自給付金、締切を延期 経済

県交付、大幅遅れ要因

6月26日号

シリウスは7月1日から

シリウスは7月1日から 文化

公共施設が順次再開

6月26日号

「人に感謝、両親に感謝」

県民功労者

「人に感謝、両親に感謝」 社会

田邊さん、菊地さん兄妹が同時受賞

6月19日号

ヤマトンと「楽しく並ぼ」

ヤマトンと「楽しく並ぼ」 経済

市が床面サイン考案

6月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク