大和版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

大和市 子育て情報 SNSで配信 LINE等で登録増狙う

社会

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena
LINEで配信された場合のメール文の一例
LINEで配信された場合のメール文の一例

 大和市は週明けの7月27日(月)から、妊婦や0歳児の親向けに配信しているメールマガジン「子育て何でも応援メール」をLINEやTwitterでも配信を開始する。スマートフォンの普及で、多くの人が利用するSNSを配信の手段に加えることで、利用者数の増加につなげたい考えだ。

 「子育て何でも応援メール」は、2017年から始まった事業。市内在住の妊婦やそのパートナー、1歳までの子どもがいる保護者などを中心に誰でも登録できる。

 6月末時点での登録者数は297人で、市内の妊産婦人数、約3800人に対して約8%にとどまり、登録者数が伸び悩んでいる。

 同種のサービスは他の自治体でも実施しており、LINE版を導入したことで利用者数が増加していることから、このほど大和市でもSNSを活用した新たな運用に踏み切った。

 LINEの登録は左記の2次元コードを読み取り「大和市」を友達追加。追加後に届く登録用URLから、出産予定日や子どもの生年月日を登録すると、トークにメール文が配信される。Twitterは「大和市役所公式ツイッター」をフォローし、ダイレクトメッセージに届く登録用URLから登録。ダイレクトメッセージでメール文を受信できる。

妊娠期から1歳まで配信

 メルマガは「妊娠期」と「子育て期」の2種類があり、NPO法人きずなメール・プロジェクトが医師の監修を受けて作成している。

 「妊娠期」は、胎児の成長過程や出産の基礎知識、妊娠生活のアドバイスなどを毎日配信。「子育て期」は、月齢に応じた育児アドバイスや予防接種の予定、産後の体調管理の仕方などを生後100日まで毎日配信し、101日目からは3日に1回のペースで配信している。

大和市LINEアカウント▶︎
大和市LINEアカウント▶︎

大和版のトップニュース最新6

足跡辿り、交流に思い馳せ

足跡辿り、交流に思い馳せ 社会

大和日中友好協会が30周年

12月3日号

常泉寺に感謝状

神奈川県警

常泉寺に感謝状 社会

犯罪被害者支援に対して

12月3日号

最優秀拡大褒賞を初受賞

大和青年会議所

最優秀拡大褒賞を初受賞 社会

会員数増員率が県内1位

12月3日号

政府対策に「迅速対応」

大和市

政府対策に「迅速対応」 経済

年内給付「想定して準備」

11月26日号

打ち上げ花火に初挑戦

緑野小PTA

打ち上げ花火に初挑戦 コミュニティ教育

児童に笑顔と思い出を

11月26日号

渋谷西ブロック始動

地域安全活動重点地区

渋谷西ブロック始動 コミュニティ社会

防犯・防火意識を地域で徹底

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook